文武両道

『グレン。いま、どのような操作をおこないましたか?』

 ライラの声が、わずかに震えていた。

 パワードスーツ姿のグレンがいるのは、巨大ロボットの頭部内。

 球形の空間。足元がすこし平らになっている。

 全面がディスプレイになっていて、外の風景が映されていた。鉄筋コンクリート造りの高層な建物が並ぶ。

 日は高い。すこしだけ西へ傾いていた。

「別に、何もしてないぞ? この棒を拾っただけで」

 パワードスーツの左右それぞれの手には、棒のような金属が握られていた。

『左ひざを軸にして、右足でゆっくり立つようなイメージを、思い浮かべてみて』

 イリヤの声は興奮気味だった。

「なんだよ。心理テストか? 専門外だろ?」

『いいから。左ひざを軸にして――』

「わかったぜ。左ひざを軸にして、右足でゆっくり立つようなっ。なんだよ」

 グレンの見ている景色が動いた。上にすこし動いて止まる。

 ロボットがいる場所は、L字になっている芝生の公園。南端。

 さらに南は、海。

 ロボットの目はゴーグルのような形状。光っている。口元はすこし出っ張っていた。

 全身のほとんどが金属光沢のある黒色。直立時は二階建ての建物ほどの高さ。

 いまは、左ひざを立てて座っていた。コードネームは、ハガネ。

 中が激しく揺れた。

「動いたぞ! これ、生身だと耐えられないだろ。振動がヤバイぜ」

『送られてくる映像で、その前に動いてたんだよ。ハガネが、頭のうしろをかいてるのが』

 イリヤの言葉を聞いたグレンは無言だった。

 エリカが普段どおりに言う。

『自分のクセには気付きにくい、っていうことでしょ。なくて七癖、だったかしら?』

「そんな頻繁にやってたのか、オレ。……まあいいや。仮の身体で助かったぜ」

 球形のコックピット内が激しく揺れた。

 ゆっくりと右足一本で立ち上がったハガネが、止まった。

 後頭部の非常用の引き戸は、開いたままになっている。

 丸みを帯びた装甲。円柱に近い形。手足の関節部分には、球体の装甲がある。腹部は板を重ねたような構造。

 敵が送り込んだ自律機動兵器。敵のコードネームは、メタル。

 グレンが左ひざを攻撃したため、その部分から下が動かなくなっている。

「オレが壊したから、歩けないじゃないか。何やってんだ、オレ!」

『歩けないなら、飛行すればいいのでは?』

「おお! そうだな。飛ぶぞ!」

 ライラの言葉に反応した、パワードスーツ姿のグレン。

 白に近い薄緑色を基調とした装甲。昆虫の外骨格のような見た目。

 目の位置に横一直線のバイザー。口元はフェイスマスクに近い。顔に見える。

 勢いよく右の拳を突き上げた。

 そして、ハガネが右腕を高々と上げた。

『ふむ。何も起きないようだな。海に入り、川を上って戻りたまえ』

 ホレイシオ将軍が命令した。

「了解」

 返事には元気がなかった。

 片足で、もしくは、ひざをついて道を移動することはできない。巨大ロボットがおこなえば、街への被害は深刻なものになる。

 ハガネの頭のうしろにある、非常用の引き戸が閉められた。


 ニュージャージー州の東部にある、フォート・リーという街。

 東には大きな川がある。北北東から南南西へと、斜めに流れていた。方位の上では。

 川の東側はニューヨーク州。

 無人となった、ニューヨーク市の摩天楼がそびえる。

 ハドソン川により東西に引き裂かれた陸。その上には、巨大な鋼の橋が架かっていた。

 西へ傾いた日が照らし、絶え間ない流れが輝く。

 幅が約1キロメートルあるハドソン川の流れに逆らって、メタリックな黒色のロボットが移動していた。

 小さく跳んでいる。

 といっても、巨大なロボットの全長は13メートル。一跳びが、1メートル近くある。

 水深の浅い部分。西寄りを移動している。

 川の近くにある規制線の目の前まで、たくさんの見物人が押し寄せていた。

 そのなかの一人、背の高い男性が呟く。

「被害を最小限にしましたね。これぞ、文武両道ぶんぶりょうどう

 ほかの人より頭一つ分上に出ていて、透きとおるような銀髪が目立っていた。

 もみあげに近いサイドだけがすこし伸びている髪型。光の加減で、すこし青く見えた。

 服は、ラセットブラウンのスーツ。同色のネクタイをしている。ラセットブランとは、紫味を帯びた赤褐色。

 下に着ているシャツは灰色。

 男性が情報端末を取り出して、写真を撮った。


 フォート・リー基地。

 工場内。四人が並んで立っている。

「仮の身体で疲れないはずなのに。なんだ、この疲労感は」

 迷彩服姿のグレンが、ぐったりとしていた。

 身長、約180センチメートル。

 まんなかに置いてあったツインタイムは、北東部に。白い装置の左側へ追いやられている。

 なだらかに傾斜した2つのカプセルが並ぶ、銀色の装置。

 装置は仮の身体を生成する。意思により変形可能。

 グレンの仮の身体の基は、ドウ。地球外の技術で作られた、銅色のロボット。

 使用中は引き戸の透明部分が黒くなる。装置に入った者の時間を止めるという機能により、光も止まる。

 グレンの姿は観測不能。

 ある日、解除スイッチが作動しなくなった。原因不明。

「とりあえず自律機動は解除した。まず、脚を直せるかどうか。先は長い」

 迷彩服姿のイリヤが、誰にともなく呟いた。身長、約170センチメートル。

 工場の中央部。

 ツインタイムの代わりに、巨大なロボットが置いてあった。うつ伏せになっている。

 たくさんの迷彩服姿の兵士が、構造を調べていた。

 東に頭が、西に足が向けられている。

 金属光沢のある黒色。丸みを帯びた装甲は、円柱に近い形。

 なかには誰も乗りこんでいない。

 左ひざと背中に損傷がある。グレンの振動剣によるもの。

「飛べなかったから時間かかったけど、飛ばれたら、そもそも鹵獲ムリよね。よくやったわ」

 迷彩服姿のエリカが、グレンをねぎらった。

 身長、約160センチメートル。

「グレンが背面から破壊した装置。その部分が、飛行能力を持っていたものと推測できます」

 ライラが工場を訪れることは珍しい。一人だけ紺色の服にスカート姿。

 身長、約165センチメートル。

「とにかく! これで、光る剣が実用化できるかもしれないぞ。応援してるぜ」

 グレンが、イリヤの肩を叩こうとしてやめた。

 ゆっくり優しくなでる。

「やること多いから、すぐにはできないと思っておいてよ」

「そうよ。まずは、刀を強化してよ! ドウの部品で」

 エリカがグレンに詰め寄る。

 身長差があるというのに、グレンはたじろいだ。

「いまから?」

「いまから」

「いいですね。どこまでの物が生成できるのか、試しましょう」

「そうだね。ドウはたくさん素材があるし。いろいろやってみよう」

 グレンが休む暇はなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます