英雄豪傑

 夕食を終えたグレンとイリヤは、勉強している。

 パワードスーツに比べれば、識別信号の仕組みはわかりやすい。すぐに勉強を終えた。

 暖房の効いた食堂。エリカとライラが近づいていく。

 二人とも紺色の上着に紺色のスカート。下に着ている白いシャツが、胸元からわずかに見える。

 ならんで座り、雑談が始まった。

「ここだけの話だけど」

「なんだよ、イリヤ。あらたまって」

 グレンの言葉にすこし笑った男性が、話を始める。

「実は、ドウのプログラムの一部が判明した。でも、ありえないんだ」

「ありえないのは、おまえだろ。ほかの星のロボットを、よく解析できたな」

「グレンが解体してくれたからなんだけど。で、プログラムが、地球と同じ言語で書かれていた」

「ただのコピーじゃないのか?」

「それが、ところどころ表現が違って。慣れれば問題なく読める」

 怪訝そうな表情になるエリカ。

「つまり、ずっと監視されてたったこと? 星ごと」

「月にでもいるのか? いや。遠すぎるな。さすがに」

 グレンは、窓の外の三日月を見ていた。

「ほかにもいくつか可能性はありますが。そうなると、やはり問題がありますね」

 ライラの表情は変わらなかった。イリヤがうなずく。

「メタルの目的は何か。いま襲撃を開始した理由」

「オレにできるのは、ドウを倒すことだけだ。……なんだ? あんまり考えすぎるなよ」

 グレンが微笑んだ。イリヤは、表情をわずかに曇らせていた。

 食堂にほかの兵士はすくない。なかには、四人を遠巻きに見る者もいた。

 立ち上がるグレン。

「おっと。歯磨きしないと。夜更かしせずに、寝ろよ」

「そうだね。おやすみ」

 イリヤも立ち上がって、食器を運んでいった。

「いきましょうか」

「はい」

 エリカと、同意したライラが立ち上がった。

 食器を持つ前に、迷彩服姿の女性に話しかけられる。

「やあ。青春してるかい?」

 二十代の女性は気さくだった。

 二人に比べると大柄。こう見えて衛生兵だと自分で言う。

「筋肉痛は、もう大丈夫みたいだね」

 お礼を言ったエリカが、にこやかに話す。ライラはぎこちない。

 底抜けに明るい、衛生兵のキャシー。手を振ったあとで歩いていく。

 二人も食堂をあとにした。


 兵舎は相部屋。

 暖房が室温を上げている。

 せまい洗面所で、二人は順番に歯を磨いた。

 背が低いほうの女性が大きく伸びをする。

 頭のうしろの紐をほどくエリカ。束ねられていた長い髪が自由になり、淡い茶色の髪が美しく揺れた。

 紺色の上着を脱いで、白いシャツが姿を現す。

 身体は引き締まっていた。服の上からでも鍛えられていることが分かる。

「ライラと一緒で、よかったわ」

「同意見です。エリカ」

 色白の女性は、普段どおりのよく通る声で答えた。

 同じように紺色の上着を脱いで、白いシャツ姿になった。

 エリカよりも体の線は細い。特定の部分以外は。金髪ミドルヘアが揺れる。

「お風呂、どっちから入る?」

「先にどうぞ」

「それじゃあ、いってくるわ」

「もし寝ていたら、起こしてください」

 ベッドの上で横になったライラが、はにかんだ。

 腹筋を鍛えて、表情をゆがませる。

 靴を履き、立ち上がった。足を開く。両手を体側に軽くつけた。

 息を吸いながらひざを曲げて、腰を落とす。上体をまっすぐに伸ばし、ももと床が平行になるところまで腰を落とした。

 1秒キープして、息を吐きながらひざと背筋を伸ばしつつ、腰を上げる。

 スクワットが始まった。


 夜が明けた。

 軽い運動のあとで食堂へ行く四人。二人ずつ並んで、向かい合って座る。

 朝食を食べ終わった。

 グレンがイリヤに言う。

「光る武器の実用化はまだか?」

「あまり期待しないでよ。ドウに、その機能はないんだから」

 続いて、子供の頃観ていたアニメの話で盛り上がる。エリカとライラも話に加わった。

 部屋に戻り、着替えて歯を磨く。

 兵舎を出た。

 はだに刺さるような寒さをこらえ、工場内へ。ツインタイムを起動するグレン。

 迷彩服姿の二人が、クリーム色の軍用車両に乗り込んだ。シートベルトを着用する。

 誰もいない後部座席には刀が2本。黒い鞘に入っていた。

 つめたい風の吹くなか、車が規制線を越える。

「正直言うと、まだ信じられない」

 助手席のエリカは、すこし悲しそうな顔をしていた。

 橋の先は、陸軍の部隊が交戦した場所。右側にはセントラル・パーク。

 左側にある運転席で、ステアリング・ホイールを握る男性の手に力が入った。

 やさしい表情になる。

 沈黙のあと、二人は露骨に話題を変えた。

「ハッピーホリデーまでに、なんとかしたいもんだな」

 かわいらしい声の女性が聞く。

「何か予定あるの?」

「いや? どこかへいくか。この戦いが終わったら」

「そうね。まずは、目の前の敵を倒しましょう」

 巨大な橋を東へと進む車。眼前に広がる街には、人間がいない。

 摩天楼も、広い公園も、道路も静まり返っていた。

 これまでにグレンとエリカが倒したドウは、2016体。そのうち5体を分析のために回収した。

 残り、推計7984体。

 ニューヨーク市の北側に位置する、マンハッタン区とブロンクス区のドウは撃破済み。

 武装を持つギンが出てこなかったため、苦戦することなく制圧。

 ドウがいなくなっても、立ち入り制限は解除されていない。街は動物たちの憩いの場になってきていた。

 二人は、東側のクイーンズ区を目指す。

 その途中。ブロンクス区のパークチェスター。

 自動車は止まっていた。

 降りることなく、中からエリカが言う。

「車を通れるようにするだけでも、苦労しそうね」

「だな。ツインタイムがなかったらと思うと。想像したくないぜ」

 迷彩服姿のグレンが、道路上の放置車両を持ち上げて端に寄せていた。前回は徒歩で移動したため、障害物を放置していたのだ。

 かなり遠くで、建物の陰から誰かが見ていた。背の高い細身の男性。

 小豆色のスーツ姿。髪は透きとおるような銀髪で、サイドがすこし伸びている。

「まさに英雄豪傑えいゆうごうけつ。あなた方の力、見せてください」

 情報端末で写真が撮られた。

 グレンが振り返る。不思議そうな顔のエリカ。

「どうかした?」

「いや。気のせいだな」

 ドアが開いて、閉まる。クリーム色の武骨な車が走り出した。

 陸の果てが近づいてきた。目の前に海が広がる、ブロンクス区の東の端。

 川と合流する湾がいくつも並ぶ。

 ハーモンド川とイースト川をまたいで伸びているのは、スロッグスネック橋。長さ、約900メートル。

 橋は大きく右に曲がっていて、そのあとまっすぐ南へ続いている。

 先に見えるは、クイーンズ区のベイ・テラス。

 まっすぐ市街地へと向かわず、軍用車両が一番右の車線から橋を出る。左へまがる道を下りて、街との合流地点の近くで止まった。

 道路の左側は公園。木々が生い茂っている。先には海が見える。

 みぎには住宅街。背のたかい建物もたくさん並んでいた。

 助手席から降りた女性が、後部座席のドアを開けて刀を取り出す。帯を巻いて腰の左側に帯刀。

「被害は最小限に。かつ、迅速に」

「了解。装着!」

 男性の身体が、メタリックな薄い緑の装甲に包まれていく。白に近い色。

 目には横一直線のオレンジ色のバイザー。口元はフェイスマスクのようになっている。

 関節部分は黒色。装甲には赤やオレンジ色の部分がある。

 まえに出ると、周りで銅色の物体が動き始めた。ほかにも街で立ち尽くすロボットがたくさん見える。暗号名、ドウ。

 二人の戦いが始まった。


 刀が四角い胴体に刺さる。

 引き金が引かれた。すぐに指が伸びて、うしろへ下がる。

 金属光沢のある赤橙色のロボットが倒れた。

 女性のうしろで揺れる、長い髪。

 パワードスーツから伸びる刃が、装甲の隙間を貫いた。

 右腕の形が元に戻る。ロボットは崩れ落ちた。

 移動しながら戦いはつづく。建物の影が、長く伸びていく。


 暗い中、前照明を点灯した軍用車両が基地へ戻った。

 車から降りて、一人が白い息を漏らす。

 迷彩服姿の二人が工場に入った。

 ツインタイムの右側のカプセルにグレンが入って、横になる。

 エリカがスイッチを押す。

 何も起こらなかった。

「嘘でしょ?」

「まいったな。今朝、何食べたっけ。腹いっぱい食べておけばよかった」

「そういう問題? 時間進まなくていいじゃない。あたしが使っておけばよかったわ」

 言葉とは裏腹に、エリカは心配そうな表情だ。

 頭のうしろをかくグレンに、迷彩服姿のイリヤが近づいてくる。

「仕方ないね。いろいろと調べよう」

「その顔はなんだよ。もう飯だろ。俺も行くぜ。食べないけど」

 困ったような顔で笑うイリヤにつられて、グレンとエリカも微笑した。

 三人が南のドアから建物を出た。

 一人で将軍の部屋に向かったグレンが報告。肩を優しく叩かれた。

 部屋を出て、グレンは兵舎に入る。

 ライラが合流。四人で食堂へ向かう。

 グレンの左隣にイリヤ。イリヤと向かい合うライラ。ライラの左隣にエリカ。今朝と同じように並んで座った。

 三人の食事が終わる。それを見守っていたグレン。

「やっぱり、食べたくもないし、眠くもないな」

 ライラがよく通る声を響かせる。

「時間を有効活用するために、何か行うことを推奨します」

「知識を得れば、強くなれるんじゃないの? 何かすごい武器を編み出して」

「ツインタイムやドウの研究資料なら、たくさんあるけど。見る?」

 エリカとイリヤの提案に、グレンがうーんと唸り声を上げた。

「横からすんません。つらいっすね。食べられないなんて」

 迷彩服姿の男性が話しかけてきた。二十代。

 装備や食料の備蓄担当で、話を無視できなかったという。

「あの姿カッコよくて、こっそり応援してるんすよ。それじゃ」

 人懐っこいオーウェンが去っていった。

 グレンは何かを思いついた様子で、表情が明るくなる。

「勉強するか。光る剣が出せるようになるかもしれないし」

 さらに別の人物が近づいてくる。

「おお。光る剣といえば、あれかね。特撮の」

 軍服姿のホレイシオ将軍だった。

「日本のですね。オヤジから聞いたことあります」

「ボクは、アニメが思い浮かびますね」

 グレンとイリヤの反応はイマイチである。

「アニメですか。いいですね。光学迷彩の出てくるものとか」

「いいわね。ライラ。あ。将軍の特撮ってどういうものですか?」

 エリカの問いに、将軍はお茶を濁した。話を続けるようにと言って去っていく。

 若者とのあいだには、ジェネレーションギャップがあった。

「ノートに要点をまとめるよ。復習にもなるし」

「よし! 熱くなってきたぜ」

「熱量は変わらないと思われます」

「本当に勉強するのか疑問だわ」

 三人は歯磨きをした。

 ノートを見ながら、グレンの勉強は一晩中続いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます