ツインタイム起動

「解析には、時間がかかりそうだよ」

「もう、腹減ってもいい頃だろ?」

「そうだね。この辺りの店、知ってる?」

「いや。腹減ってないんだけど」

 イリヤとグレンは、灰色の部屋の中にいた。大きな窓から外を見るグレン。日が南から照らしている。

 銀色の装置が真ん中に置かれていた。

 装置には2個のカプセルが並ぶ。ゆるやかに傾斜して。

 その右側。カプセルの中に座る迷彩服姿の男性を、紺色の服の男性が見ている。

「そうだろうね。ほとんど金属の身体だから」

「帽子も身体の一部、なんて笑えないぜ。元の身体に戻れない、なんて言うなよ?」

「どうかな。左側のカプセルの中は、時間が止まっているらしい」

 装置のカプセル上部にある引き戸。右側はスライドして開いている。

 左側は閉じられていて、透明部分が黒くなっている。

「息できないだろ、それ」

「時間が流れてなければ、呼吸以前の問題だと思うけど」

「それもそうか」

「黒く見えるのは、光がそこで止まっているから。現状では、中を見る手段がない」

 イリヤは、喜々としてグレンの身体を調べていた。

「時間、止まってるのに、なんでオレ動けるんだ?」

「なんらかの方法で、記憶を直接共有している、と思う」

「まあいいや。そろそろ元に戻してくれ」

 借り物の身体を動かしているグレンが、カプセルの中に横たわった。高いほうに頭がある。目を閉じた。

 ためらいがちに手をのばす、イリヤ。

 右側のカプセルにあるスイッチが押された。頭側から足元に向けスライドして、引き戸が閉じる。

 短い沈黙。

 両方の引き戸が同時にスライドして開く。右側のカプセルの中には、赤橙色の四角いロボットが横たわっている。

 左側のカプセルの中から、迷彩服姿のグレンが現れた。

「腹減ったな。飯にしようぜ」


 将軍の言う“勝手に動いている駒”とは、海軍第10艦隊のことだった。

 別名、艦隊サイバーコマンド。

 軍と海兵隊それぞれに存在する、ネットワーク担当部隊の1つ。

 海軍でありながら陸上での活動を主としていて、情報の入手及び行動が早い。

 本部は近くの州。灰色の建物の提供元でもある。

「ホレイシオ将軍と親しいレフティ司令官が、独断で動いたようです」

 説明を終えた、紺色の服の女性。すこしだけ表情を緩ませていた。

「なるほどね。白い船の持ち主も?」

 イリヤが質問して、色白のライラが答えた。船は兵士の私物だという。

 横にならぶ二人。木の椅子に座っている。目の前には大きな木の机。

 おなじく並んで座るグレンとエリカは、黙っていた。灰色の迷彩服姿。帽子は被っていない。時計をちらりと見る。

 同い年の四人が、木の机を囲んでいる。

「もう、来てもいいんじゃないか?」

「我慢しなさい」

 チャイムが鳴った。

 グレンが一番に部屋を出て、三人が続く。

 最初に戻ってきたのはイリヤ。次がライラ。二人とも、食べ物が描かれた箱を持っている。四角い。

 すぐ全員がそろった。

 エリカは何も持っていない。

 右手と左手それぞれに箱を掲げるグレン。ならべて机の上に置く。

 席に着いた四人。飲み物も4つ並ぶ。

 紙の箱が開かれた。直径40センチメートルのピザが姿を見せる。

 ふちがすこし盛り上がった、丸く薄いパイのような生地。トマトソースが敷かれている。その上にこんがりとしたチーズ。

 控えめな量の野菜や肉は、焼かれたことでほとんどチーズの中に埋もれている。

 中心から、放射状に切れ目が入れられていた。

 宅配で主流の分厚いイタリア風ピザではなく、薄い生地が特徴のニューヨーク風ピザ。

 外はカリカリで、中はもっちり。折り畳んで携帯でき、手が汚れないのでおやつにも最適。

「食べないのか?」

「手が疲れてるの」

「オレが無茶させたからな。仕方ない。食べさせてやるよ」

「あ。うん。そうね。仕方ないわね」

 手でつまんで折り曲げてもソースはたれない。

 具がこぼれることもなく、昼食が終わる。


 食後の談笑と、歯磨きのあと。

 四人は、銀色の装置が置いてある部屋に入った。

「まずは写真撮ろうぜ。にしても、ほかに何もないな、この部屋」

「仮の本部だからね。装置は軍の施設で詳しく調べることになる、と思う」

 構図を考えているグレンに、イリヤが答えた。

 エリカは微笑んでいる。

「解散前に、写真も悪くないわ」

「わたしが撮ります。集まってください」

 すでに情報端末を操作していたライラを、グレンが制止した。

 部屋から出ていき、木製の椅子を持って戻ってくる。

「装置の前で、四人で撮るぞ」

 グレン・エリカ・ライラ・イリヤの順で並ぶ。

 銀色の装置の前で思い思いのポーズを取った。

 右ひじを曲げ、指をのばして顔の近くで斜めに上げるグレン。笑顔。

 灰色を基調とした迷彩服姿。がっしりとした体格。

 その髪は黒い短髪。

 背筋をのばして、にこやかに微笑むエリカ。

 服装はグレンと同じ。背は20センチメートル低い。

 あわい茶色の長い髪は、うしろで結ばれている。前髪は長くない。

 両手を身体の前で組むライラ。表情は硬い。

 紺色の服で、スカート姿。金髪ミドルヘアが小刻みに揺れていた。

 左手を腰に当て、口元を緩めるイリヤ。

 紺色の上着に、濃い青色の長いパンツ。濃い茶色の髪は、普通よりすこし伸びている。

 セルフタイマーにより、撮影がおこなわれる。

 椅子の上から電子音が鳴った。

 確認するライラに、グレンが聞く。

「撮れてるか? 送ってくれよ」

「ネットにこの画像を流すことは、許可できません」

「メールで送るだけだろ」

「傍受の可能性があるので、容認できません」

 高度な暗号通信のできない、私物の情報端末による送信は不可。ライラはかたくなだった。

 四人は、さらに3枚の写真を撮った。

 グレンは嬉しそうに情報端末を見ている。

「誰が欠けても、無理だったよな。今回の任務」

「うん。でもさ、何かがおかしい」

 イリヤの言葉に、三人ともすこし眉をひそめた。

 エリカが口を開く。

「色々と、おかしいところがあるのは確かね。敵に」

「未確認情報ですが、聞きますか?」

 ライラが尋ねて、三人が頷いた。情報端末が操作される。

「世界の10ヵ所が襲撃されたと思われます。ジャカルタ、デリー、マニラ……」

「ちょっと。嘘でしょ?」

 エリカの顔は青ざめていた。

「どうした?」

「ニューヨーク市と周辺の人口が、約2000万人。3つの都市周辺と合わせると、消されたのは1億人以上」

 理解できていないグレンに説明するイリヤ。

 ライラの話は続く。10の都市を合わせると、推計で2億人以上が消滅していた。

 情報が錯綜していて、正確な情報はつかめない。

「その気になれば、あっというまに地上を支配できるってことか。ん? おかしいぜ」

「問題はそこ。何かの理由、目的があるとしか思えない」

 イリヤが断言した。

 次の言葉が発せられる前に、ライラの手が上がる。

「敵を一言で表せるよう、コードネームを付けることを提案します」

「いいね。何か思いついた?」

「ロボットを尖兵としているところから、メタル」

 すこし表情を緩ませたライラに対して、異を唱える者はいなかった。


「まずは、こいつを調べて兵器に転用しないと、な」

 グレンは銀色の装置に触れた。

 なだらかに傾斜した2つのカプセルが並んでいる。低くなっているほうに足を入れると寝やすい。

 開いている上側は、スライド式の引き戸。使用者は左側に横たわる。

 右側には機能を停止した赤橙色のロボット。暗号名、ドウが横たわっていた。

「はい。あたしも試したい」

 宣言してすぐ、エリカは左側のカプセルに近づく。中に入った。

「クレイジーだな」

「何? 仕返しのつもり? さっさと起動してよ」

「どうなっても知らないぞ」

 グレンがスイッチを押した。

 そして、何も起こらなかった。

「おい。イリヤ。壊したな。将軍には黙っといてやるよ」

「何もしてないよ。次はボクが試す」

 エリカと交代で、左側のカプセルに入るイリヤ。

 グレンがスイッチを押して、何も起こらなかった。

「次は――」

 エリカが言ったときには、ライラは壁際まで下がっていた。

「怖くないです。本当ですよ」

「なら、頼む。そのあとはオレだ」

 グレンに言われて、眉を下げたライラが左側のカプセルに入った。けわしい顔で目を瞑る。

 スイッチが押されて、やはり何も起きなかった。

「まさかとは思うけど……いや。グレン、試して」

「なんだよ。出てきたら教えろよ」

 ライラが出たあと、グレンが中で横になった。

 イリヤがスイッチを押す。引き戸が動いた。頭側から足元へ向かってスライド。

 右側の引き戸も、同時に同じ動きをした。

 閉まった引き戸の透明部分が黒色になる。

 右側の引き戸の色が戻って、開く。足元から頭側へスライド。

 カプセルから、灰色の迷彩服姿の男性が現れた。体つきがよく、身長は四人の中で一番高い。黒い短髪。

 立ち上がって、右手で頭のうしろをかく。

「帽子被ってないから、今度はないな」

「やっぱり。生体認証でグレンしか使えなくなったみたいだ」

「自分の身体が見えないのは、やっぱり不安だぜ」

「中の時間が止まって、光も止まっているから。って、説明したでしょ?」

 イリヤは落ち着いていた。

「何度見ても、そっくりよね。本当にグレン?」

「何度聞かれても、オレはグレンだ。所属を言えばいいのか?」

 エリカにつられて、仮の身体になったグレンも笑った。

「ところで、光の弾や剣が出せないのは、なぜなんだ? イリヤ」

「素体となっているドウに変形機構はないから、単純に考えれば、知らないからできない」

「知ってることならできるかも、ってことか」

「ちょっと。ここで暴れないでよ」

 エリカは本気で慌てていた。

「ところで、銀色の装置にもコードネームを付けることを推奨します」

 ライラはすこし頬を染めていた。三人から離れて立つ、色白で金髪ミドルヘアの女性。

 普段どおりの表情でイリヤが近づく。

「うん。任せる」

「瓜二つの身体を作って時間を止めることから、ツインタイム」

 三人は微笑んで肯定する。

 ライラは、今日一番の笑顔を見せた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます