銀の装置と白の装置

「あんた、誰?」

 背の低い女性は警戒していた。腰の刀に手をのばそうとして、顔をゆがめる。

 灰色の迷彩服とおなじ色の帽子を身に纏う、長い髪の女性。髪はうしろで1つにまとまっている。

 セントラル・パークの広場。

 芝生の上に転がる刀を、ちらりと見た。

 腰に帯刀されているものと同じ、打刀うちがたな。長さ、約70センチメートル。

 黒い鞘に入っていて、刀身中央でもっとも反った形。

「ああ。そうか。オレ、見た目がギンになってるのか?」

 背の高い男性が右手を見た。手は肌色。

 服は灰色の迷彩。帽子も同じ模様で、髪は短い。黒色。

「あれ? エリカ。失敗か?」

 エリカは眉を下げている。

「うしろを見なさい。あなたが出てきたのは?」

「右側じゃねぇか! 左側に入っただろ? オレ」

 銀色の装置には、ゆるやかに傾いた2つのカプセルがある。

 その左側は完全なカプセルの形で、上部は黒色。

 右側で開いているのは、上部スライド式の引き戸。

「本当にグレンなの?」

「グレン・チカマ。陸軍ワシントン地区隊所属。特技兵。十八歳」

「第5軍。北方陸軍、即応旅団戦闘団でしょ? 今日から」

 緊張感のない二人に向かって、2体の銅色のロボットが歩いてきていた。

「とりあえず、身体を守るのが先決だ。気温上がってきたか?」

「寒いわけじゃなくて。あたし、腕痛いから。頑張って」

 エリカが見守るなか、グレンは芝生に落ちている刀を拾った。上着の上から腰に帯を巻いて帯刀。

 黒い鞘から抜刀した。

 銀色の装置と白い装置がある場所のまわりが、広く芝生に覆われた空間になっている。

 あたりには、林のように木々が並ぶ。落ち葉も積もっていた。

 迫る2体のロボット。男性よりも背は低い。

 コードネームは、ドウ。

「この刀って、バッテリー残ってるのか?」

 グレンが刀を両手で構えた。鍔ちかくにある引き金には指をかけていない。

 安全装置が解除された柄には、2つ目の引き金が中心に現れている。そちらにも指は入れられていない。

 ドウに攻撃を仕掛けて、胸に突き刺さらなかった。

 刀を受けたドウが、2メートル近く吹き飛ぶ。機能を停止した。

「イリヤ。どうなってるんだ?」

『聞かれても困るよ。とりあえず、人格はグレンと同じみたいだ』

 通信している男性から、困惑した声が発せられた。

 グレンとエリカは、左耳のインナーイヤー型のヘッドフォンで声を聞いている。マイク機能により双方向通信が可能。

「そういえば、変なんだけど。おかしいな。息しなくても苦しくないぞ」

 喋りながら突き出された刀。

 ドウの胸に届いた。やはり2メートルほど吹き飛んで、機械人形は動かなくなった。

 セントラル・パークには、まだ多くのロボットが並んでいる。

 そのうち2体のドウが、銀色の装置を目指して動き出す。

「回収班、いないの? このままじゃ、まずいわ」

 エリカは腰の刀に触れもしなかった。リミッターを外した振動剣は、身体への負担が大きいらしい。

「よし。光の弾を食らえ!」

 グレンが右手を構えて、何も起きなかった。

『映像からは、変化が確認できません』

 冷静に状況を伝える、よく通る声の女性。ライラは普段と変わらず落ち着いていた。

 ドウの動きは遅い。枯葉に覆われる林の中にいた。

 銀色の装置と白い装置は、芝生の上にある。

『ふむ。2つの装置を持ち上げて、移動してはどうかね?』

 渋い声の男性が提案した。ホレイシオ将軍は、すこし弾んだ声だった。

 グレンの眉が下がる。

「さきほど、ドウですら持ち上がりませんでしたよ」

「命令よ。持ち上げて」

「クレイジーだな。まったく」

 エリカの命令で、グレンは銀色の装置に近づく。しゃがんで両手を下にのばした。持ち上げようとして、やめた。

 不思議そうな表情のグレン。装置を右腕一本で持ち上げた。


 公園に立つ二人は、腰に帯を巻いている。黒い鞘に入った刀を帯びていた。

「なんだか分からないけど、撤収だ」

「そうね。船のところまで行きましょう」

 男性の意見に女性が同意した。同じ色の迷彩服を着ている。

 任務のうち、ギンの破壊は成功。残りは、装置の鹵獲。

 装置は2つ。

 白いほうは小型自動車並の幅。高さ約1メートルで、屋根はない。

 銀色のほうも、サイズはほぼ同じ。

 ちがいは、傾斜したカプセルが2個あること。右側のカプセルの引き戸は、斜めにスライドして開いていた。

 銀色の装置を持ち上げているグレン。

 あせもかかず軽々と移動させて、白い装置の上に置いた。

 最初から1つの装置だったかのように、ぴったりと重なる。

 ピアノの音が聞こえてきた。

 装置を目指して歩いていた2体のドウが、同時に動きを止める。

「おいおい。嫌な予感がするぞ」

「考えても仕方ないわ。撤収!」

 エリカが前に立ち、二人はセントラル・パーク南の出口を目指す。

 銀色と白。重ねられた装置から鳴り続ける、悲しげな旋律。両手で頭の上に装置を掲げているグレンは、冴えない表情のまま歩く。

『ドウ、依然沈黙』

 ライラからの通信も、グレンの耳には届いていないようだった。


「退路は確保されているみたいね」

 セントラル・パークの外に出た。7番街を歩くエリカが、白い息を吐き出した。

 大きな装置を両手で運ぶグレンは、辺りを警戒している。

「さっきの2体、どうなった? いないぞ」

『映像が届いていないため、不明です』

 通信の声には、感情がこもっていなかった。

 装置から聞こえるピアノの音が、すこしだけ小さくなった。

 十字路をすぎて、57番通りに出た二人。

 映像を送っているという、別動隊の姿は見えない。

 西へ移動する。

 8番街。

 9番街。

 10番街。

 11番街。

 ハドソン川の手前、12番街も抜けた。刀に手が触れられることはなかった。

 歩みを進めるごとに、すこしずつ小さくなっていくピアノの音。

 川の流れが見えた。

 エリカが、かわいらしい声を上げる。

「船を確認したわ」

「早くこいつを下ろして、オレの身体がどうなってるのかも確認したいぜ」

 グレンは、相変わらず両手を頭の上にのばしていた。かぼそい音で曲を流す、大きな装置を掲げて歩いている。

『うん。解析できれば、これ以上ない戦力になるはず』

 通信の声には、興奮の色が混じっていた。

 イリヤに応答するグレン。

「どうやら、そう簡単にはいかないみたいだぜ」

 川に突き出した巨大な四角い岸壁。道路が4本のびている。エリカとグレンが立つのは、岸壁の手前。一番北側の道路の前。

 建物が立ち並ぶ路地から、次々と何者かが現れた。

 濃い青色のスーツに身を包んでいる。総勢十名。白い船の前に立ちはだかった。

「別動隊の方々ですよね? お疲れさまです」

 明るい声を出したエリカ。まぶしい笑顔を、うしろに立つグレンが見ることはできない。

 十名は、グレンに勝るとも劣らない筋肉を備えていた。

 ライラからの通信。

『これまでの状況から考えて、船の近くへ移動すると何かが起こる可能性があります』

「ああ。来たとき、この岸壁から出たら、ドウが動き出したんだったな」

「覚悟はできてるわ。でしょ?」

「いまさら、だな」

『分かりました。二人を通してください』

 通信のあとすぐに、十名が白い船から離れた。

「え? ライラの手下?」

「違いますよ。二人ともお疲れさまです。帰りは、我々が操縦します」

 スーツ姿の男性が微笑む。耳にはヘッドフォンが装着されていた。

 エリカに続いてグレンが岸壁へ出る。装置から鳴り続けていたピアノの音が止まった。

 ニューヨーク市に変化はない。

 十名は水色の船でやってきていた。白い船と同型で、全長、約20メートル。

 救命胴衣を着用する十二名。

 白い装置の上から銀色の装置が下ろされて、別々の船へと積まれる。

 六人ずつに別れて、2そうの船はニューヨーク市をあとにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます