エピローグ

 庭園の中心はやっぱり池だった。その周りを私はゆっくりと歩く。

 反対に目をやると、芝生を飾る星を小さな手が投げ合って遊んでいる。

 ピンク色のドレスを揺らめかせて振り返った彼女が「今度結婚するの」と微笑んだ。彼の姿をした私に駆け寄って、腕を取る。二人で笑い合う。

 名前の違う私が「また名前が変わるの」と微笑んだ。私の姿をした彼に駆け寄って、腕を取る。中身の違う私が二人、笑い合う。

 私の腕を引いたのは妖艶な美女で、「ザクロが必要ならいつでも言ってね」と微笑んだ。

 小さな手が投げた星が降る。

 池の中から飛び立ったアオサギが垂れ幕を掲げている。

「閉園時間になりました」

 飛び石の真ん中を踏むと、どこか知らない駅だった。

 ……なんてことは全くなく。

 明日はどこへ行こうかな。



終わり




-----

★参考

・Webサイト「庭園へ行こう。」東京都公園協会

http://teien.tokyo-park.or.jp/

・それぞれの庭園のパンフレット、園内にある解説や案内板等


-----

※登場人物やその周りの出来事は、フィクションです。

庭園には実際に行っていますが、日記・体験レポートではありません。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

都立庭園物語 葉原あきよ @oakiyo

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ