???



 澄んだ冷気が漂う空間に、おさげの少女は一人、立ち尽くしていた。

 辺りは霞がかかっており、何がどこにあるかは全く検討がつかない。頼みの綱は自分の感覚だ――少女はゆっくり、まぶたを閉じる。




 少女の感覚が掴んだものは、二つ。

 一つは、背後の奥狭い感覚。もう一つは、正面からそよぐ向かい風。


 ――道はきっと、正面にしかない。


 少女は、力強くまぶたを開くと一歩を踏み出した。

 景色が変わらなくとも。

 霞が晴れなくとも。

 ただ真っ直ぐに。

 真っ直ぐに。


 そうして少女は、正面からそびえたっている何かを感じ取った。何かの正体は、少女が前進するほどに明るみになってゆく……。




 やがて少女が目にしたものは、荘厳たる装飾が施された大きな額縁だった。しかし、肝心なはずの額の中身は、灰色一辺倒のもの。これに少女は首を傾げた。

 ここにこの額縁があるのは何故なのか――思考を巡らせたその時だった。


 背後でカツンと、床が響く。


 この音に振り向いた少女が見たものは、厚手そうな外套で姿を隠した人物だった。その人は、外套から延びるフードのせいで表情を読み取らせてくれない。しかもうんともすんとも言わず、その場を動こうともしなかった。

 気になった少女が額縁から離れようとした瞬間、足元の床がけたたましい音と共に崩れ落ちる!

 少女は真っ逆さまに光の無い世界へ堕ちて――




「――ぃでっ?!」


 そうして少女は、脇腹から鈍い音を打ち鳴らした。


「……い、ったたぁあ……」


 全身がじりじりと痛む中、少女の目は馴染みある光景――自分自身の部屋を映していた。

 ひとしきり見回した後、少女は背後に身体を回す。タオルケットをだらしなく垂らしたベッドが、そこにはあった。


「……転げ落ちたんだ。私」


 唖然とする少女を包むはしがらむような暑さ。つい先ほどまで感じていた空気感は微塵もなかった。

 この事実にため息をついた少女は、転げ落ちたと思われるベッドを支えに身体を起こす。その矢先。


「マルー大丈夫? ひどく大きな音がしたけど」


 そっと部屋の扉を開けてきたのは母だ。どうやら身体を打ちつけた音は相当の大きさだったらしい。

 少女・マルーは大丈夫だと伝えると、母はほっと胸を撫で下ろした。


「そういえば。朝に凛ちゃんと、ちょっと前に健くんも来たわよ? 二人共、マルーは寝てるって伝えたら帰っちゃったけど」


 と、母は残して去っていった。



「凛と健が来た?」


 マルーは、寝てる、と伝えたら帰ってしまったとらしい二人の顔を思い浮かべてみた。すると、頭の中の二人はすぐさま眉間にしわを寄せた。


「大変だ……!」


 この呟きを合図にマルーは忙しなく動き始める。

 寝間着を床に捨て置き、普段着に身を包んだ彼女は、机にあったヘアゴムを掴んでは部屋を飛び出し洗面所へ。ヘアブラシで髪をとかしながら、目の前の鏡とにらめっこをし始めた。


「どうしたのマルー? そんなに慌てて」


 鏡の端からひょっこり現れた母を気に留めることなく、マルーは片側の髪を結ってゆく。


「お母さんひどいよ! どうして起こしてくれなかったのさ!」

「声はかけたわよ。それにマルーが反応しなかっただけ」


 まるで他人事のように話す母へ困惑めいた声を漏らしたマルーは、もう片側の髪を結い終えた。


「よし! じゃあ行ってくる!」

「待ちなさい」

「えっ? 私急いで――」


 母は、マルーの肩を捕らえては手をとり、温もりのある何かをその手の平に乗せた。


「朝ご飯は抜かしちゃいけません! ってね?」


 ウインクしてみせた母が持たせたのは、ラップに包まれた混ぜご飯のおにぎりだった。これにお礼を言おうとしたマルーを母は、ささっと背中を押し、玄関へ促した。


「さあ、行ってらっしゃい!」


 靴を履いたマルーは、笑顔で手を振る母に小さく手を振り返し、外へ飛び出した。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る