わたしこそが、”さいきょう“、です。

作者 結城愛菜

55

19人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

短編小説を中心に読んでいる人にオススメできる作品!
この物語の魅力はキャラ設定と読みやすさにあります!

特に五歳児をメインに使うという展開の読めない物語と斬新さ。
セリフにも沢山の意味思考が考えられている短編でよくまとまった単純に面白い!と、小説が苦手な人でも読める大変魅力的な作品です!

★★★ Excellent!!!

どうも、天野川です。
今回、私の所に始めてのフォロワーさんだったので少し作品をのぞかせて貰いました。
それで内容の評価の方ですがとても勉強になりました。
具体的にどのようなところかと言うと基本私はバトル物しか書かないのですがキャラクターの個性や特徴が弱く、少し悩んでいます。
でも、結城さんの良いところはとてもキャラに特徴があってそれに見合ったセリフを書けていたと思います。
また、これは評価に入るのか分かりませんが歳が近いせいか文章の書き方に共感を持ちました。
お話しも面白いのでこれからも頑張ってください。