三日坊主

作者 一上悠介

17

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★ Very Good!!

――

三日坊主・・・怠け者や根性なしと言うような「負」の意味合いをしばしば含む言葉である。

「続ける事に意味がある」や「継続は力なり」とは言うけども、義務感だったり嫌々続けるよりは、いつか、いつの日か「これだ!」と言うものに出会うのを待つのも1つの手である。

それは探すものではない。

出会うものだ。

少年がユミと出会ったように。

★★★ Excellent!!!

――

何をやっても三日坊主になってしまう少年と、そんな少年を見つめる幼馴染の少女の物語です。
せっかくお金を貯めて買った高いギターを!――と最初は読者の私も彼を心配しましたが、この調子ならきっと大丈夫そうですね。
ユミは最後の最後に彼に続ける勇気を与えてくれたのでしょう。
ユミの優しさは主人公を包み込む母のような広い愛情で、そこにあったのは恋ではないかもしれませんが、男女の間でも恋愛以外のきずなは芽生えるんだと思いつつ、彼女があの時のままでいられたら恋に発展した可能性もなくもなかったんだよなとも思いつつ……今、切ない気持ちでいっぱいです。
正直泣きました。
素敵な作品をありがとうございます。