06 少女チカトリチェ

鬱躁うっそうと茂る惑いの森

微かな息遣い

重い殻なら脱ぎ捨て

晒しましょう

鮮やかな闇を


華奢なからだを横たえて

あらわになった胸に刻まれる傷痕

刃でそっとおぼろな輪郭をなぞり

つっと浮き出る血のたまを数えた


無垢なる魂に触れて

上がる体温と速まる鼓動が

もう後戻り出来ないことを教えている


少女をやめるなら殺して

少女を殺めるなら壊して

破片を撫でてあげるから

か細いこえを恐れずに

何もかもを発して


痛みの色はあかばかりじゃない

混ぜて新たな色を作ろう

渾然一体の邪な光で

涙など蒸発させてしまおう


泣かないで

名前を呼んで


少女チカトリチェ、

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます