第四章 アリアドネの暗号(22)

 美穂は場所を移して遥と史郎に向き合っていた。

 大学内のカフェだ。「いつもここで編み物を習ってるの」と遥が教えてくれた。

 遥が頻繁に家に邪魔していることを詫び、礼を言う。それから少し話をした。

 彼は南のことを知っていて、それについて気を使わなくていいのが楽だった。

 多少ぶっきらぼうではあるけれど、誠実そうな青年だった。

「遥、一人暮らししたいならしていいわ」

「いいの? ほんとに?」

「ええ。その代わり、週に一度は帰って来なさい」

「うん」

「お願いよ?」

 遥は美穂の手を握って、うなずいた。

 史郎の顔を見て、思わず「遥をよろしくね」と言いそうになり、美穂は苦笑する。それじゃあ本当に結婚だ。

 美穂は、ここでいいから、と先に席を立った。

「遅くなるなら駅まで迎えに行くから、連絡しなさいね」

 遥に手を振って、史郎に会釈して、その場をあとにする。

 美穂の背中に史郎の声が聞こえてきたのは偶然で、彼には美穂に聞かせるつもりはなかっただろう。

「お母さんは、この格好の遥ちゃんでも南さんと間違えなかったね」

 美穂ははっとした。

 今日の遥は、以前の遥のように、黒いロングヘアだ。袴に合わせたのだろうと思ったから、尋ねることもなかった。また南みたいな恰好をして、とも思わなかった。後ろ姿でも遥とわかったし、向き合って話していても気にならなかった。そのことに初めて気づいたのだ。

 美穂は軽く目元を押さえる。

 気づかせてくれた史郎に心から感謝した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます