第四章 アリアドネの暗号(14)

 美咲と里絵奈は、スタンプラリーの本部にいた。

 第二段階の通過者もいくらかいて、一等はまだだけれど、三等四等は出てしまっている。

 すでに当選者が決まった景品がわかるように、黒板に一等から十二等まで、カードが貼ってある。当選したものはカードを裏返す仕組みだ。

 その裏側にはひらがなが書いてあった。

「……か、し……、………と……」

 まだ残っている部分は机を叩いて、美咲は楽しそうに黒板の文字を読み上げる。

「たぶん怒ると思うな」

 里絵奈が呆れたように美咲を見た。

「でもいいの!」

 この黒板の文字と、合言葉が美咲が聞いてもらったわがままだった。

 服飾サークルの双子姉妹は、話を持ちかけたらノリノリでOKしてくれた。

「やっぱりね、このくらい派手にやらないとさ」

「まあ、これであんたの気が済むならね」

 スタンプを集めた客がやってきて、二人の話はそこで途切れた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます