第四章 アリアドネの暗号(18)

 碓井奏真は構内を走り回った結果、紗那を見つけられず、都歩研の展示教室に戻って来ていた。

 紗那のスマホに電話をかけても全くつながらない。無視されているならいいけれど――本当は良くないけれど――、紗那の身に何かあって電話に出られないのだとしたら? 何しろ、二股男と一緒にいるのだ。

 都歩研のメンバーなら、紗那に連絡がつくかもしれないし、ダメなら隼人でもいい。そう思ったけれど、受付に一人だけの女子学生は、客対応で忙しそうだった。外国人の客に片言の英語でスタンプラリーの説明をしている。

 イライラしながら待っていると、「すみませーん」と声を掛けられた。

「これ、牟礼って人に渡してくれて頼まれたんですけどー」

 高校生だろうか、自分より年下に見える女子二人が、なぜか奏真に紙切れを差し出していた。

 牟礼と聞いて、奏真はさっとひったくるようにして受け取った。伝言を持ってきた二人は奏真の勢いに驚き、「こわー」「何なの?」と言いながら去って行った。

 手帳の切れ端のような、折りたたまれていた紙を開くと、中には一言。

『カフェ一号館で、お前の彼女とお茶してるから早く来い』

 サインのような崩したアルファベットは『Ando』と読める。

 二股らしいからこの『彼女』は紗那ではないかもしれない。でも、今日あの男と一緒にいたのは紗那だ。

 ――紗那が誘拐された!

 奏真はパンフレットの地図で場所を確認すると、全速力でカフェ一号館に向かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます