第四章 アリアドネの暗号(17)

「や、山本君っ! 止まって!」

 K号館から南向きに走り、グラウンドまで来たところで、紗那は力尽きた。

「ごめん。えっと、座る?」

 立ち止まった浩一郎は、多少息が上がっているものの紗那よりも余裕がある。空き時間は読書をしている印象があるのだけれど、意外に体力があるんだろうか。

 浩一郎に促されて、紗那はグラウンドの端のベンチに腰掛ける。背後の建物はサークル棟だ。

 息を整えている紗那を、浩一郎は立ったまま見ていた。

「碓井さんは、隼人先輩と付き合ってるの?」

「違うよ。付き合ってるフリしてもらってたの」

「フリ?」

 説明する気力がなく、紗那はうなずき返すだけにとどまった。

「山本君は? 何かあった? 用事?」

「幽霊が」

「え?」

「あ、いや。それはいい」

 浩一郎は言葉を切ってから、

「隼人先輩が悪い人みたいに見えて、逃げた方がいいと思ったから」

「悪い人……」

 浩一郎が言っている意味がわかるような気がした。実際に隼人と付き合うなんて紗那には無理だろう。茗子が言っていた「おかしなこと」「こじらせてる」が、これだろうか。

「迷惑だった?」

 浩一郎に聞かれて、紗那は首を振った。

「ううん。思い切り走ったら、ちょっとすっきりしたよ。ありがとう」

 紗那が笑顔を向けると、浩一郎は思いつめたような真剣な表情でこちらを見ていた。

「碓井さん」

 首を傾げる紗那に浩一郎が口を開く。

 その瞬間、背後から声を掛けられた。

「紗那ちゃーん!」

「あ! いたー!」

「碓井さん!」

 アイドル研の美以子と詩以子、それから湊だ。

「良かった。碓井さん、スマホ持ってないんですか?」

「え?」

 紗那は両手が空なのに気づいた。

「カバン、さっきの教室に置きっぱなしだった」

「メール送ったんだけど返事なかったから、忍びの者に手伝ってもらっちゃったよー」

「忍び?」

 今日も鳥の絵のTシャツを着ている美以子に、紗那は首を傾げる。答えたのは猫のTシャツを着た詩以子だ。

「うん、今日はあちこちで見守ってるから」

「その辺ですれ違っても見なかったことにしてあげてね」

「見守ってる……?」

 辺りを見回すと、生垣の向こうで黒い影がさっと伏せるのが見えた。

「カバン、高野名誉会長が持って来てくれるみたいです」

 湊が電話を切って、紗那に向き直った。

「いよいよミスコンですね! 碓井さんがステージに乗るのが今から楽しみで!」

「紗那ちゃん、緊張してる?」

「大丈夫ですよ! 全然、大丈夫。碓井さんなら余裕です!」

「そうかなぁ」

 不安を声に載せると、湊は胸を張る。

「僕が保証します!」

 美以子と詩以子が紗那の両手を掴んで、ベンチから立たせる。

「まあ気楽にね?」

「そうそう。落ちたっていいんだよ」

「そうなんですか?」

「当たり前じゃない! 皆で何かするのが楽しいんだから」

「嫌なら棄権したっていいんだよ。ここまででも十分楽しかったしね」

 二人に気遣うように言われて、紗那は微笑んだ。

「いえ、出ます。大丈夫です」

「お、いいねいいねー」

「その笑顔だ!」

 まずは部室で着替えよう、と歩き出そうとして、紗那は浩一郎のことを思い出した。

 慌てて振り向くと、浩一郎は「客席で見てる」とだけ言って、行ってしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます