第四章 アリアドネの暗号(7)

「おお、いいじゃなーい!」

「かっわいいー!」

 遥の目の前に同じ顔が並ぶ。

「さすが、私たち!」

「ねー!」

 ハイタッチして飛び跳ねる双子に、遥は苦笑する。

 ここはアイドル研究会――実態はミスコン参加者プロデュース同好会だ――の部室だった。聞けばミスコンに関わることになったのは茗子の代からで、それ以前は普通のアイドル研究会だったらしい。歴史も長いため、サークル棟に専用の部室がある。

 茗子が名誉会長になった経緯も、姉がミスコンにエントリーしていた件も、遥は初耳で驚いた。

 レポート作成作業をしていたセミナー室に湊がやってきて、ミスコンのエントリー書類のための写真撮影をするからと紗那を呼び出した。そのとき、セミナー室に残っていた茗子から「南のミスコンの写真、見る?」と誘われ、遥はアイドル研の部室に来たのだけれど――。

 迎えたのは教養学部の三年、穂高映子ほだかえいこ。彼女がアイドル研の会長だった。同じ教養学部でも、紗那と優莉は教育学科、茗子は心理学科で、映子はスポーツ健康科学科だそうだ。ダイエットと美容体操なら任せて、と言われたとおり、バレエやヨガのインストラクターを彷彿させるスリムな体型だった。

 そして、先ほどから遥にメイクを施していた牧瀬美以子まきせみいこ詩以子しいこの双子姉妹。文学部芸術学科の二年だそうだ。遥を見た途端、二人は左右から遥の腕を抱え、壁際のハンガーラックまで連れてきた。

「どれにする?」

「部の備品じゃなくて私たちの私物だから、どれでも選んでいいよ!」

 本人たちはどこにでも売ってそうなTシャツとジーンズを身に付けているのだけど、ハンガーラックにはレースやフリルが大量に縫い付けられたワンピースしかかかっていなかった。

「えーっと、紗那さんの写真撮るんですよね?」

「大丈夫大丈夫。すぐに終わるから!」

「怖くない怖くない!」

 ダメ元の抵抗は、「これなんか似合うと思う」と茗子がワンピースを押し付けるに至って、完全に封じられてしまった。

「わー、かわいい!」

 自分の支度が終わった紗那が遥の前に立つ。

 遥は、長い金髪のウィッグに、目を強調したメイク。つけまつげのせいで瞬きするたび、違和感がある。茗子が選んだワンピースは、赤のギンガムチェックにマカロンがちりばめられた柄で、これでもかとパニエを重ねたスカートはめいっぱい膨らんでいる。それにフリルたっぷりの白いエプロンをつけた。双子の手持ちに遥に合うサイズの靴がなく、自前のスニーカーなのがとても浮いている。

「紗那さんも素敵です!」

 一方で、紗那はとても普通の格好だった。オフホワイトの膝丈フレアスカートに、フレンチスリーブの水色のストライプのブラウス。長い髪は丁寧にブローされ、さらさらと肩を流れる。紗那の華奢な感じが一層引き立っていた。

「清楚系」

 紗那のスタイリングをした映子が、にっこり笑う。

「撮影は写真部にお願いしてるから、移動ね」

 それはともかく、なぜ遥までひっぱられているのかがわからない。茗子を見上げると「ま、記念だと思って」と肩を叩かれた。

「忍びの者たちがね、遥ちゃんを見たいっていうから、ちょっとつきあってあげて」

「忍び?」

「大丈夫。忍び個人の写真撮影は禁止だから」

 遥の左手を掴む美以子――鳥の絵のTシャツを着ているのが美以子だと覚えさせられた――の発言を聞き咎めるも、続く詩以子――猫の絵のTシャツを着ている――に流される。

 映子が中から叩くと、部室のドアは開いた。誰か、例えば部室の前で別れた湊あたりが入ってくるのかと思ったのに、誰もいない。

 そして、皆が廊下に出ると、ドアはひとりでに閉まった。――ひとりでに、ではなかった。開いたドアと壁の隙間に隠れていた黒服の学生が、振り返った遥に気づいて慌てて走って行く。

「え、あの」

「ごめんねー」

「忍びの者を見かけても気づかないフリしてあげてね」

「いえ、忍びっていうか、あれ」

「黒子だろ」

 前を歩く茗子が振り返って軽快に笑う。遥も笑った。


 同じサークル棟にある写真部の部室は本格的なスタジオになっていて、そこで撮影してから遥と紗那はアイドル研の部室に戻った。遥の写真はアイドル研のアルバムに入れるだけで、外に出すことはしないと事前に聞いた。映子たちは写真部と打ち合わせするらしく、付き添いは茗子だ。

「南の写真を見せる約束だったな」

 茗子は棚板がたわんだ古いスチール棚からファイルを取り出す。開くとリフィル式のアルバムだった。年代順のようで、南の写真は最初のページにあった。

 さきほど紗那が撮影したようなプロフィール用の写真。ミスコン当日のステージの写真。姉は最終選考まで残らなかったと聞いた。

 一緒に写っている茗子が今よりずっと若い。同じく若い隼人も写っていて、とても仲が良さそうに見えた。

 姉の部屋のクローゼットにあるのと同じような服装。懐かしいけれど、遥が知らない友だちに向けた笑顔。

「遥ちゃん、そっくりなんだね」

 並んで見ていた紗那が驚いた声で言った。

「見た目だけですけれど」

「もしかして、四月のころってお姉さんのお下がり着ていたの?」

「お下がりじゃなくて、自分で、姉の真似してたんです。髪型とかも」

「それじゃあ、今はもうやめたんだね」

「はい」

 紗那はアルバムをめくりながら、

「夏の前、遥ちゃんが髪切ったのって、大学デビューなのかなってちょっと思ってたんだけど」

「うーん、そうですねー。ある意味デビューではあるんですけど……姉の真似はもうやめようって思って、変わろうって」

「そうだね」

 紗那は穏やかに同意して、遥に向き直る。

「私も変わらなきゃって思ったの。それでミスコンに出ようかなって」

「そうなんですか」

 紗那は目立つことが好きではなさそうに思えた。キャンプのときに優莉が話していた「恋人を作らない口実」は義弟対策なのかと納得していたけれど、そんな思いもあったのかと驚く。

「うん。でもしつこく誘われたのが大きな理由ではあるけど」

 微笑む紗那に遥も笑う。

「一つだけいい?」

 ずっと黙っていた茗子が、紗那に向かって右手の人差し指を立てる。

「隼人のこと。あいつがおかしなこと言いだしたら遠慮なく私に言って」

「おかしなことって……?」

 困惑する紗那に、茗子は弁解する。

「無理やり迫るようなやつじゃないからそれは安心していい」

「はい……」

 それから茗子は渋面を作った。

「あいつ、ちょっとこじらせてるんだ」

「えっ、こじらせてる……? 隼人先輩がですか?」

 紗那の困惑は深まるばかりだったようだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます