第四章 アリアドネの暗号(4)

 大教室が入っている建物のため、やってくる学生が多い。遥と史郎は入り口から少し避けた。

「瑠依さんの部屋を貸してもらう話なんだけど」

「ああ、うん」

「こないだ母に話したの。ちょっと考えさせてって言われたんだけど、大丈夫?」

「うちの方は平気。碓井さんの方はわからないけれど……」

「そうだよね……。紗那さんに確認してみるね」

 遥が借りなかった場合、紗那が借りてもいいか交渉するのだ。

「結局、どんな事情なの?」

 史郎に聞かれたけれど、遥が話していいことではないだろう。実家に居づらくなった、とは紗那自身が話していた。

 遥が言いよどむと、史郎は、

「家具付きを探してるんだから、急いで実家から出たいんじゃないの?」

「うーん、急いではないと思う……たぶん」

「じゃあなんで、横から割り込むような真似を? そんな感じの人じゃないよね」

「うん、もちろん」

 遥は少し考えて、

「えっと、たぶんね……私と同じで、何かきっかけがないと親に言い出しにくいんだと思う」

「ああ……なるほど」

「あと、さっきの。紗那さんが割り込んだわけじゃないよ。私が借りるか借りないかはっきりしなかったから……。史郎君に聞いてほしいって頼まれて、了承したのは私だからね。紗那さんは悪くないから」

 遥が繰り返すと、史郎は、

「わかってる。だから、俺はあのとき遥ちゃんに怒ったんだよ」

「うん。……そうだ。改めて、ごめんなさい」

「俺も。悪い。言い過ぎたかも」

「全然、そんなことないよ」

 あのとき。そう言われて、キャンプの夜が思い浮かぶ。

 もう一つ、史郎に話があるのだ。

「あのね……あのとき、特別だって言ってくれたでしょ?」

「あ、ああ……うん」

「それで」

 私たちってもう付き合ってるの?

 付き合おうっか?

 ――どっちが適切なのか、遥は迷う。

 一瞬言葉を切った遥に、史郎は視線を逸らした。

「もう嫌になった?」

「え? 何言ってんの? 違う。全然違うよ!」

「じゃあ何?」

「うん、だから……」

 遥は再び言葉を切る。目の前の史郎は遥を見ていない。それが不安でもあり、不満でもあった。

 遥は史郎に一歩近づいて、手を取った。彼は反射的に顔をこちらに向ける。遥は史郎の目を見て、

「私たちって付き合うってことでいいんだよね?」

「……ああ、そう、だと思う……。遥ちゃんがいいなら」

「そっか。良かった」

 遥はほっとして笑う。握手をして「よろしくお願いします」と言うと、史郎はうなずきながら「こちらこそ」と聞き取りにくい声で返した。そしてすぐさま手を離すと、回れ右をした。

「授業始まるから」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます