第三章 湖畔のコードネーム(11)

 しばらくしてキャンプ場に戻って来たオーナーの車の中で、木乃香は泣き疲れて眠っていた。他の皆はコテージに戻ったけれど、行きがかり上、遥と紗那は車を出迎えた。遥が引っ張ってきた史郎も一緒だ。

 車から降りたオーナーは、遥と紗那を認めると、「さっきは悪かったね」と疲れた顔を向けた。

「追いかけてくれて助かったよ。本当にありがとう」

「いえ、良かったです」

 木乃香が眠る後部座席を覗き込んで微笑む紗那の横から、遥は史郎の背中を押した。

「彼が編み物得意なんです。それで、木乃香ちゃんの編みぐるみも直せるかもしれないんですけど」

「本当に? 直せるの?」

 目を見開くオーナーに、史郎は手を振った。

「いや、見てみてみないと」

「じゃあ、管理棟の中で」

「でも、寝てる間に勝手に触ったら悪いし、お母さんに直してもらう方がいいんじゃないですか?」

 オーナーは少し考える仕草をして、

「夜中に目を覚ましてまた泣かれると困るから、直せるなら直してもらえるかな」

 頼むよ、と史郎の肩を叩いた。


 管理棟に入ってすぐは広い土間の事務室だ。その奥にある一段高くなっている畳の部屋が仮眠室だった。布団に木乃香を寝かせ、ふすまを開け放したまま、オーナーは応接のソファに戻ってきた。手には木乃香の編みぐるみを持っていた。

 オーナーから編みぐるみを受け取った史郎は、遥に「腕って言ったっけ?」と聞きながら、編みぐるみをひっくり返した。

「うん、こっちの……それ」

「ああ、わかった」

 史郎は顔を上げずに「これなら、どうにかなるかな」と独り言のようにつぶやいた。

「ほんと?」

「ああ。でも……完全に痕が残らないようにはできないかもしれないんですけど、いいですか?」

 史郎は遥にうなずいてから、オーナーに聞いた。

「いいよ。大丈夫」

「気になるようなら、腕だけ作り直した方がいいと思います」

「へえ? そんなことできるの?」

「たぶん、パーツごと別々に作ってると思うので」

 史郎は腕と胴体のつなぎ目を指で撫でる。オーナーは「それはママが帰ってきてから聞いてみるよ」と、開いて座った両膝に手をつくと頭を下げた。

「申し訳ないけど、応急処置をお願いできるかな」

「わかりました」

 お茶を淹れてくるからと言ってオーナーが立ち上がると、遥は史郎の手元を見つめた。

 史郎がカード入れのようなものを開くと、中身はソーイングセットだった。

「もしかして、それ普段から持ち歩いてるの?」

 恐る恐る聞くと、史郎は「ああ」と返事した。遥は隣に座る紗那を見る。「持ってますか?」という無言の視線は伝わったようで、紗那はふるふると首を振った。遥も首を振り返した。

「隼人先輩から毛糸もらわなかったの?」

「もらったけど、普通の手縫い糸の方がいいかと思って」

 穴は一センチ角もない。編み目の一段分だった。

 史郎は針に黒い糸を通すと、穴のふちの毛糸に慎重に刺す。針を引き出してからまた別の毛糸に刺すのを何度か繰り返し、最後にきゅっと引きしめると、穴が閉じた。

「すごいねー」

 紗那も歓声を上げる――仮眠室の木乃香を気にして小声だったけれど。

「わぁ、どうやったの?」

「穴の周りの編み目を拾っていっただけ」

「だけって」

 史郎は何でもないことのように言う。

「こう、上、下、上って順に……」

 史郎は指を空中で上下させて波を描く。

「それで糸を引いたら、上下の毛糸が伸びて、穴がふさがるわけ」

「うーん、なんとなくわかった、かも」

 史郎は遥の理解度に構わず、今度は空中に指で丸を描く。

「穴の周囲をぐるっと縫って、引き締める方法もあるんだけど、今回は穴が横に広がってたから」

「うーん?」

 首を傾げる遥に、紗那が「巾着の口みたいな感じかな?」と聞くと、史郎はうなずいた。

 糸の始末をして補修した部分を指で整えると、遥に差し出した。

「毛糸が太いから、あんまり綺麗にはできないんだ」

 史郎はぼそぼそと言い訳のように付け加えたけれど、受け取った遥は紗那とため息を吐く。

「言われないと穴があったなんて気づかないよ」

「ほんとですよねー」

 人数分の湯飲みをトレーに載せて戻って来たオーナーは「もう終わったの?」と驚いていた。

 せっかくだからとお茶をいただいていると、仮眠室の方で小さな声がした。木乃香の目が覚めたらしい。

 オーナーは慌てて編みぐるみを持って立ちあがった。そのときにはもう木乃香は起き出して、土間に降りていた。

「あ、マドレーヌ!」

 目を擦っていた木乃香は、オーナーの手元を見て駆け寄る。

「こら、裸足で!」

 オーナーに抱き上げられた木乃香は、編みぐるみをためつすがめつする。

「怪我してたの、どこ?」

「そこのお兄ちゃんが」

 治してくれたんだよ、と言おうとしたオーナーを遮って、史郎は言った。

「怪我なんて最初からしてなかったよ」

「え、そうだっけ?」

「そう。夢だよ」

 木乃香は不思議そうに史郎を見つめた。

「夢?」

「そのパンダ……じゃなくて……」

 遥は小声で「マドレーヌ」と教えてあげる。

「マドレーヌ、怪我なんてしてないだろ?」

「うん……」

「だから夢だよ」

 木乃香はマドレーヌの全身をもう一度確かめると、「夢だったんだ」と破顔した。

「良かった!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます