第三章 湖畔のコードネーム(2)

 二両編成の電車から降りると、気温が違った。

「わ、涼しい!」

「ほんとだ!」

「夏じゃないみたいですねー」

 遥は、直前に降りた二年の碓井紗那うすいさな本庄優莉ほんじょうゆうりとうなずき合い、ホームの端に寄って皆が降りるのを待つ。紗那と優莉は同じコースで、サークルにはいつも一緒に参加していた。

 九月の第二木曜日。小中高校はとっくに二学期が始まっているけれど、大学はまだ夏休みだった。新山大学の後期は九月二十日からだ。この時期なら混んでいないだろうということで、遥が所属しているサークル「都内散歩研究会」――通称「都歩研とほけん」は毎年九月初めに、富士山の麓にキャンプに来ていた。遥は一年なので、参加するのは初めてだ。

 キャンプと言っても、コテージを借りるため、テントを張ったりする本格的なものではなかった。バーベキューの肉や野菜も人数分注文してあって、切った状態で提供してもらえるそうだ。しかも、駅まで送迎もしてくれる。――ここまでいたれりつくせりだと、キャンプと言っていいのかわからなくなるけれど。

「あ、そうだ。富士山」

 電車の窓から見えてはいたけれど、遥は振り仰いで、改めて驚いた。

 景色いっぱいに、富士山がある。『見える』レベルでしか接したことがなかったため、『ある』としか言いようがない存在感に圧倒される。

「やばい、富士山でかすぎる」

「晴れて良かったよね」

「だよね」

 台風の心配もあったけれど、どうにか回避しての快晴だ。日焼け止めもバッチリで、帽子もUVカットの上着も装備している。

 浜崎美咲はまさきみさきはスマホで富士山を撮影して、逸見里絵奈へんみりえなは遥の隣で空を見上げた。美咲も里絵奈も一年だ。里絵奈は遥と学部もコースも同じ。美咲は新山大学ではなく、近所にある女子大の学生だ。

 他に一年で参加しているのは、和田史郎わだしろう細川湊ほそかわみなとだった。湊は史郎と同じコースで、その縁で七月くらいから都歩研に入会している。彼はアイドル研究会――女子学生をプロデュースして大学祭のミスコン優勝を目指す『ちょっと違うアイドル研究会』だそうだ――のメンバーでもある。遥は一度誘われたことがあったけれど断った。あれ以上勧誘されることなく今まで来ているのは、史郎が何かフォローしてくれたのかもしれなかった。

「皆、揃ってるかー?」

 三年で会長の榊雄貴さかきゆうきが、声を張り上げると、「はーい」と何人かが返事をした。

「返事が足りないみたいだが。まあいいだろう。今日から一泊二日で――」

 と話しかけた雄貴を無視して、二年で幹事の山本浩一郎やまもとこういちろうが「キャンプ場の人待ってるんで、さっさと行きますよ」と歩き出すと、皆が彼に続く。「まあまあ」と雄貴を宥めるのは、三年の日立翔平ひたちしょうへい

「挨拶はまた夜にしましょう」

 最年長で六年の牟礼隼人むれはやとが苦笑して、二人の背を押した。

 以上、十一人が今回の参加者だった。


 キャンプ場は、富士五湖の一つ早位湖さいこの湖畔にある。車を使わないなら、可和口湖かわぐちこ駅から路線バスを乗り継がないとならない。

 遥たちが降りたのは、可和口湖駅の一つ手前。絶叫マシンがたくさんあることで有名な遊園地に併設されたマウンテンランド駅だった。キャンプ場に行く前に遊園地で過ごす予定で、始発で出てきたのだ。

「おはようございます」

「よろしくお願いしまーす」

 駅のロータリーに駐車されたマイクロバスには『志村キャンプ場』とある。口々に挨拶する都歩研メンバーを、日に焼けた顔で気さくに迎えてくれたのはキャンプ場のオーナーだった。

 朝、荷物を預けてキャンプ場まで運んでもらって、夕方にもう一度迎えに来てもらうことになっていた。

「荷物の運搬までお願いしてすみません」

「いいよいいよ。毎年使ってもらってるからね」

「ありがとうございます」

「適当に中に入れてね」

 浩一郎が冷蔵庫に入れて置いてほしい飲み物などをオーナーに直接渡している横で、他のメンバーは自分の荷物をバスに入れていった。湊と史郎がバケツリレーの要領で、中に入れてくれるため、すぐにやることがなくなった遥は、ぐるりと辺りを見回した。

「あれ?」

「どしたの?」

 声を上げた遥に近くにいた美咲が聞く。

「女の子」

 浩一郎と話すオーナーの足に女の子がしがみついていた。遥は子どもの年齢がいまいち予想できない。三歳よりは大きそうだけれど、まだ小学生ではないだろうという程度しかわからない。

「あ、木乃香このかちゃん! 一年ぶりー」

「大きくなったねぇ」

 同じように女の子に気づいた優莉と紗那が手を振った。オーナーの娘だろう。木乃香は少し首を傾げて、二人を見た。

「あはは、覚えてないか」

「うん」

 二人がしゃがむと、木乃香はおずおずと父親の足から離れた。

「また一緒に花火やる?」

「やる!」

 今度は元気よく答えた木乃香の手に、パンダの編みぐるみを見つけて、遥は「パンダ? かわいい」と声をかけた。

 すると、木乃香は、遥を見上げて、

「マドレーヌ」

「マドレーヌ? パンダじゃなくて?」

「うん、マドレーヌ。はじめまして、マドレーヌです」

 木乃香は編みぐるみを両手で持って、お辞儀をさせた。それで、マドレーヌが彼女――彼ではないだろう――の名前だと遥たちも理解できた。「はじめましてー」と皆で挨拶しあっているうちに、浩一郎との話が終わったオーナーが木乃香を促してバスに乗せた。

「それじゃ、また四時にここで」

 運転席に乗り込んだオーナーが、窓から手を振る。その後ろの席に座った木乃香は、マドレーヌの手を持ってバイバイさせていた。

 マイクロバスを見送った一行は、さっそく遊園地のゲートに向かう。富士山は当然だけれど遊園地のアトラクションも存在感たっぷりで、到着した当初からコースターの滑る音と載っている客の歓声や悲鳴が定期的に聞こえてきていたのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます