第一章 夏のドレスコード(6)

 最後の一つ――毎年アイテムは三つだそうだ――を探すため、遥たちは分担して大学内を回ることにした。

 遥は茗子と一緒だった。美咲と里絵奈が一緒で、隼人と史郎は単独でそれぞれの知り合いから情報収集している。――たぶん、史郎はスマホでやりとりしつつ編み物を続けているだろうけど。

 イチカフェは教養学部と、大教室が入る講義棟が建つエリアの境界あたりに位置する。南北に長い長方形に似たキャンパスからすると、東側の長辺の真ん中といえる。遥と茗子は、そこから東に歩き出した。美咲と里絵奈は西回りにキャンパスを一周してくることになっている。

 もう十七時を過ぎているのに、むっとする暑さはあまり和らいでいない。セミの鳴き声がどこかから聞こえていた。

「高野さんは」

 遥がそう呼びかけると、茗子は「メイでいい」と遮った。

「メイさんは、姉と仲が良かったんですか?」

「まあ、徒歩研の中では、仲良い方だったね」

 彼女はジーンズの後ろポケットに指をひっかけ、上体を反らせて空を見上げる。

「お葬式にも行った」

「あ、はい。……えと、ありがとうございます」

 礼を言うのが正しかっただろうかとまごつきながら、遥は頭を下げる。茗子はそんな遥に視線を向けると、目を細めた。

「あのとき、中学生? セーラー服だった」

「はい、中二でした。……先月、姉の年に追いついてしまいました」

 遥は視線を落として笑みを浮かべた。仕方ないと史郎に慰められたのを思い出す。

「ああ、もうそんなに経つのか」

 茗子は、ふっとため息をつく。

「私は南の妹に会うのが怖かった」

「え?」

「四月に隼人がメールを送ってきた。南の妹が入学したって写真付きで」

「あ……」

 四月なら、遥は南にそっくりだった。

「すみません。私ずっと姉の真似をしていたんです」

「もう吹っ切れた?」

「はい。そうですね」

「それなら良いけど」

 東門の前の掲示板で「全部確認しよう」と、並んで見ていく。

「忘れろとは言わないけど、捉われすぎるのもどうかと思う」

「はい、そうですね」

「妹はまだマシ」

「え?」

 眉間に皺を寄せて掲示板を見ている茗子を見上げる。

「もしかして隼人先輩ですか?」

「あの男はどうかしている」

 心底心配している様子を感じて、遥は思わず聞いていた。

「メイさんは、隼人先輩とは……どういう……」

「どういう? 関係?」

「えっと、隼人先輩が丁寧語じゃないのが珍しくて」

 遥がそう言うと、茗子は唇を歪めて自嘲した。

「別れるときの交換条件」

「えっ! 付き合ってたんですか?」

「隼人が小笠原から戻ったあと。……小笠原のことは聞いた?」

 遥はうなずく。南が亡くなったのを旅行中で知らなかった隼人は、後から知ったそうだ。それから傷心を癒すため、三ヶ月ほど小笠原に行って、バイトして生活していたらしい。それが留年の一因だ。

「南以外の女と付き合っていたのは知らなかった?」

「はい」

「隼人に幻滅した?」

「いえ、そんなことは……」

「ずっと姉のことを想っていて欲しかった? 悲劇のロマンスが台無し?」

 首を振る遥に、茗子は畳みかける。

「隼人は南のものだって考えてないか?」

「え……」

「隼人から、南より好きだから付き合ってくれって言われたらどうする? ほら、思いもよらないって顔してる。それが証拠だ」

 遥は否定できない。

「確かにね、あいつはずっと南のことを想ってる。それはいい。でも、南はそうじゃないだろ。南はもう死んでるんだから、あのころと同じに南からも気持ちが、現在進行形で返ってくることなんてないんだよ。得られるのは全部思い出か残り香だ。それを隼人はわかってない。南が今でも……」

 茗子は一度言葉を切ると、

「ま、とにかく、隼人の勘違いはひどい」

「勘違い、ですか」

「そう。言葉遣いもだけど、あの男の場合、おかしな方向にこじらせてるだけじゃないか」

「こじらせてるって」

 六年生の隼人はサークルでも最年長だから、彼をこんな風に言う人に今まで会ったことがなかった。遥はくすりと笑う。

「あのマフラー、南が編んでたやつ?」

「あ! はい、そうです。すみません、私が姉の部屋から持って来て、隼人先輩に続きを編んだらどうかって勧めたんです」

「あれで気が済むならいいけど」

 姉が生前一人暮らしをしていた部屋は、両親が借り続け、今でもそのままになっている。遥はこの春までそれを知らなかった。

 そのことを話すと茗子は目を伏せた。

「皆、そうなのか。私が冷たいだけ?」

「いえ、そんなことないと思います」

 遥は茗子の腕に触れる。

「メイさんは生きてる人に優しいです。だって、隼人先輩から姉のマフラーを取り上げたりしなかったですもん。私にも吹っ切れて良かったって」

 茗子は目を瞬かせる。そっと遥の髪に手を伸ばすと、顎のあたりにある毛先を軽く指で摘まんだ。

「五年前もこのくらいだった。おかっぱ頭で」

「え、そうでした?」

 にやりと笑うと、手を離す。

「南が言ってた。妹は自分のお下がりを嫌がったって」

「姉がそんなことを? 全然覚えてません」

「小学生のころのアルバムを見たらいい」

 そういえば、姉が写っている昔の写真を、遥はずっと見ていない。ホームビデオだって何本もあったはずなのに、きっとどこかにしまわれてしまっている。

「さて、真面目にドレスコードのヒントを探さないとな」

「はい、そうですね!」

 伸びをする茗子に、遥もうなずく。視線を動かすと、掲示板の脇の生垣の向こうにブロンズ像が見えた。

「あ、メガホン片づけられちゃったんだ」

「ん?」

 槍投げのようなポーズの男性像を指差し、遥は笑う。

「あの銅像、朝、メガホンを首から下げてたんですよ。野球の応援みたいな黄色の……って!」

 そして、話しながら気付いた。

「もしかして!」

「それだろうね。なんでもっと早く気付かない?」

 呆れた調子で言って茗子は歩き出す。大股でずんずん進む彼女のあとを、遥は「すいません」と小走りで追いかけた。

「どこに行くんですか?」

「そこの守衛室。メガホンを片付けたのが彼らなら、保管してるかもしれないだろ」

「そうですね」

「引き取ったら一個買わなくてすむ」

 茗子はちらっと遥を振り返った。

「メガホンってどこに売ってるんだ?」

 こけし班にまた依頼しないとならないだろう。そう思ってから重大なことに気付き、遥は「あっ!」と大きな声を出す。

「もしかして、こけしもサークルから引き取ってくれば良かったんじゃ?」

 立ち止まった茗子と顔を見合わせる。

「……そうだな。うっかりしてた。……まあそういうこともあるな」

「ですよねー」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!