第一章 夏のドレスコード(5)

 茗子は社会心理学専攻で、香坂准教授は茗子の指導教官だそうだ。

「毎年この時期に学内に変な噂が流れるんですよ」

「あとは、変なものが落ちてたりな」

「それが香坂先生の仕業なんですか?」

 遥が聞くと、隼人と茗子はうなずいた。

「実験なのかわかりませんが」

「は、そんな大げさなもんじゃないだろ」

 茗子は吐き捨ててから、ふっと表情を緩めた。

「ふざけた先生なんだ」

 師弟関係は悪くないらしい。

 茗子は表情を改め、隼人に聞く。

「空飛ぶ白衣ってどういう噂なんだ?」

「僕も今日聞いたんだが、深夜に研究棟の四階の窓から、外を横切る白衣が見えたって話だ」

「理工学部の研究棟?」

「いや、理工と文学部。あとは情報センターかな。階数もまちまちで、共通事項は白衣だけ」

「じゃあ、一つは白衣で決まりだな」

 隼人と茗子の話がまとまったところで、里絵奈が尋ねた。

「さっきドレスコードっておっしゃってたのが、白衣ですか?」

「そう。香坂先生が流した情報を集めて、その通りの服装をしていくと通してもらえるんですよ」

「どこをですか? それも噂から推理するんですか?」

 重ねて尋ねた里絵奈に、隼人は茗子を見た。

「場所は心理学コースのやつだけが知ってる。何年前だか知らないけど、最初の年は規模が大きくなりすぎて大変だったらしくて、以来、心理学の学生の紹介がない一般生は入れないことになってるんだ」

「そんな企画があることを皆知らないですからね。単なる怪談だと思って終わりです。参加しているのはほとんど心理学コースの人たちですよ」

「そうそう。通過してレポートを出すと香坂先生の授業の評価にしてもらえるし」

 茗子はにやりと笑った。

「去年もおととしも私は立案の方にいたんだ」

「メイなら白衣以外も知ってるかと思って、融通してもらうつもりだったのにな」

「ずるするために呼び出したのかよ」

 そこで美咲が片手を挙げる。

「あの、香坂先生の授業を取ってない学生でも何かメリットあるんですか? 私、新山大生でもないし」

「メリットはないけど、ちょっと良いことはある」

「ちょっと良いこと?」

 遥たち三人の声が重なる。

「夏の風物詩といえば?」

喜田龍川きたたつがわの花火が見れますよ」

 茗子と隼人が順に言うと、遥たちは歓声を上げた。毎年、七月の最終金曜日に開催される花火大会だった。

「わぁ、見たい!」

「大学から見えるんだ?」

「楽しみー!」

 茗子は呆れたように「そこまでか?」とつぶやく。

「期待するほど大きくは見えないぞ」

「僕のゼミで白衣を三着借りる約束を取り付けてきました。だから、メイ、悪いが彼らの紹介も頼めるか?」

「一二三四、五。で、六七八、か。まあいいよ」

「僕の予備の白衣も入れて四着は、君たちで着てください。……和田君は自分の持っていますか? それとも不参加ですか?」

 隼人は史郎を振り返る。史郎はきちんと話を聞いていたのか、顔を上げるとうなずいた。

「いえ、参加します。自分の白衣持ってますので」

「できあがったの?」

 遥が聞くと「まだ」と首を振った。それから、茗子に向き直ると、

「その噂って、場所の指定がありますか? サークル棟に落し物……なのか、いたずらなのか……変なものが置いてあったって聞いたんですが」

「場所は学内だから、サークル棟も範囲内だ。変なものって?」

「こけし」

「こけし?」

 史郎が言うには、今朝サークル棟の全ての部室のドアの前に、それぞれ一つずつこけしが立ててあったそうだ。

「なんかそれ怖くない?」

「絶対怖いって」

「白衣より怖いでしょ」

 きゃあきゃあ言う遥たちに、茗子は笑った。

「おそらくそれだ。いかにも香坂研らしい」

「え、もしかして、こけしを八個用意しないとならないってことですか?」

 思いついて聞くと、茗子は顔をしかめた。

「私の分も要るから九個だ」

「こけしってどこに売ってるんですか?」

「さあ?」

 首を傾げる茗子に、里絵奈が「百均?」、美咲が「インテリアショップとか?」、史郎が「東北地方のアンテナショップ」と口々に言う。

「さっそくその辺りを探して来てもらいますね」

 隼人は微笑んでスマホを取り出して、ゼミ室で待たされていた三人に容赦ないをしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!