第一章 夏のドレスコード(4)

 丸テーブルを二つくっつけ、椅子を並べ直す。片方に女子三人、片方に男子二人で座ることになった。史郎は隼人に短く挨拶しただけで、その間ずっと編み続けていた。そんなに急ぎの作品を作っているのなんて初めて見た。引き止めて悪かったかなと今さらながらに思う。

「待ち合わせしているんです」

 そう言いながら隼人は、本屋のロゴの入った大きな紙袋から編みかけのマフラーを取りだし、編み始めた。

 レース編みをしている史郎の隣で、マフラーを編む隼人。なんだかとてもシュールだ。美咲はおもしろがって写真を撮っている。

 理工学部六年生の隼人は、遥の姉――南の同期だ。南とは交際間近の恋人未満だったらしい。隼人が今編んでいるのは、南が編みかけのまま遺したものだった。黒と濃いグレーのピッチの大きなボーター柄。偶然それを発見して、隼人の好きな色が黒だと知った遥は、隼人のためのマフラーだと考えた。

「隼人先輩が続きを編んだらって提案したのは私ですけど、先輩に編み物の才能があるとは思ってませんでしたよー」

 隼人も同じサークルだ。というよりも、もともと隼人と南が「徒歩研」に所属していた。遥は南の足跡をたどって、同じ高校、そして同じ大学の同じ学部に進学し、同じサークルに入った。それで、隼人と知り合うことができたのだ。

 遥は、服装も髪型も南の真似していたけれど、それは先月髪を切ることで終わらせた。ただ、経済的な理由で服はまだ以前のままだ。それに、中学二年から今まで姉の真似で過ごしてきたため、自分にどういうものが似合うのか、どういうものが好きなのかよくわからなかった。徐々に見つけていけたらいいかなと思っているところだった。

「そうですか?」

 隼人は編み上がっている部分を見せて、

「南さんが編んだところに比べたら、僕なんてまだまだですよ」

「そりゃあそうですけど……私より遅く始めたのに、私よりも全然上手いじゃないですか」

 遥の提案で隼人も史郎に編み物を習うことになった。一ヶ月ほど前のことだ。遥は毎週水曜に史郎から編み物を習っていたから、それに一緒に参加すると隼人は言っていたけれど、彼は卒論もあるし、聞いていないけれど就職活動だってあるだろう。結局二回しか参加していなかった。それなのに、できあがりはとても綺麗だ。

 遥はなかなか編み目が均等にならない。最初は緩いのに、慣れてくると目が詰まってしまう。同じモチーフを作っているつもりなのに、一回りもサイズの違うモチーフになってしまうこともあった。

 そんな遥の編地に比べたら、隼人の方がよほど均等だった。

「愛の賜物ですよね」

 美咲が言うと、隼人は苦笑した。

「うわぁ、何してんの?」

 大きな声が背後からかけられる。振り返ると、今度は背の高い女性だった。自分よりはいくつか年上だろう、学部生には見えなかった。隼人の待ち合わせの相手だろうか。

「編み物同好会?」

 彼女は、がたんっと大きな音を立て、隼人の隣に椅子を置く。細身のジーンズのポケットからスマホとキーケースを取り出して投げるようにテーブルに載せると、椅子に座って足を組んだ。

「やあ、メイ。久しぶり」

 隼人は彼女に微笑んだ。

「おかえり、かな。元気そうで何より」

「まあね。隼人もね。それよりも、コレが南の妹?」

 遠慮もなく遥を指差す彼女を、遥たちはぽかんと見つめた。さすがに史郎も手を止めていた。

「メイだって……」

「隼人先輩を呼び捨て」

「コレ?」

 隼人と親しげで、「南の妹」と遥を呼ぶなら、姉の関係者なんだろう。遥はとりあえず挨拶した。

「柘植南の妹の遥です。文学部の一年です」

「こちらは、高野茗子たかのめいこさん。僕と南さんの同期ですよ。教養学部の院生で、留学してたんですが……。いつ帰ってきたんだ?」

「月曜」

 茗子は隼人に短く答えつつも、遥を上から下まで舐めるように観察していた。茗子の視線も気になるが、隼人がタメ口で話すのも気になる。彼は相手が後輩でもいつも丁寧な口調だった。

 遥が困って愛想笑いすると、茗子ははっとしたように視線を逸らした。隼人に顔を向ける。

「知ってたから呼び出したんじゃないのか?」

「帰っているのを今日聞いたんだ」

「へー、誰から?」

 隼人は斜め上に視線を逸らす。それで分かったのか茗子は舌打ちした。

「帰ったときに連絡して欲しかったな」

「そう? それは悪かったね」

「高野さんも、徒歩研だったんですか?」

 少し苛ついた様子で長いパーマヘアをかき上げる茗子に、里絵奈がいきなり話しかけたから驚いた。

 茗子は目を眇めて、里絵奈を見る。遥は緊張を顔に出さないように努力した。

「あ、すみません。文学部一年の逸見里絵奈です。私も徒歩研です」

 里絵奈が自己紹介すると、すかさず美咲も、

「私は、山茶花女子から徒歩研に入っている浜崎美咲です」

「理工学部一年の和田です」

 史郎も軽く頭を下げたところで、茗子は初めて笑みを浮かべた。それを見て、遥はそっと肩の力を抜いた。

「へぇ、メンバー増えたんだ」

「今は十二人です。あんまり参加しない人もいますけど」

「上出来じゃん。私たちのころは十人いかなかったね」

 隼人が茗子にうなずく。茗子はテーブルを指で軽く叩き、「それより」と隼人を睨んだ。

「何の用?」

「何の用って、今夜のドレスコードの件しかないだろう」

「えっ? 今年もあるのか!」

「空飛ぶ白衣の噂を聞いていないか?」

「ないな」

 茗子は腕を組み、歯噛みした。

香坂こうさか先生め……私をのけ者にするなんて!」

「帰国したばっかりだから気を使ってくれたんじゃないのか?」

「ありえない!」

 苦笑する隼人に詰め寄って、

「噂の詳細を早く」

 全く話に付いていけない遥たちは黙って二人を見守り、史郎はいつのまにかまた編み物に戻っていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!