#3 昔はあった異世界召喚、そして王宮

「あの、こんな事してMP《マジック・ポイント》切れ起こさないんですか?」


いやぁ、まさか転移1日目で王女に会えるとは思わなかったなぁ。


「聞いてますか?」


しかも、王宮の中にまで入れるとは思わなかったなぁ。


「聞けよ」


「はい。(女は怖いね)」


「もう一回言いますよ。こんな事、いいえ、こんなに連続で魔力障壁を展開してMP切れ起こさないんですか?」


アリシアが言っている魔力障壁とは、《スキル》、【九絵障壁ナインス・イーリアス】を使って出来た魔力の盾だ。


九絵障壁ナインス・イーリアス】 様々な絵が描かれている9枚の絵画を模した魔力の盾。


「大丈夫だよ。僕はこの魔力障壁を展開しながら、【MP《マジック・ポイント》回復】でMPを補給しているからね」


【MP《マジック・ポイント》回復】 世界に溢れる程ある、自然エネルギーや霊的エネルギーを体に取り込み、MPに変換する。


「そうなんですね。やっぱり優夜は凄いです!」


「そうか? 僕より凄い人は沢山いるだろ?」


「確かに沢山いました」


「沢山いました? 何で過去形なんだ?」


「この世界には、昔はあったんです。異世界から人を呼び出すという儀式が。でも、その儀式は後世に語り継がれなくなり、徐々にその儀式が無くなっていったんです。今、その儀式がある国はほとんどないんです」


「どうして語り継がれなくなったんだ?」


「その異世界から来た人は、尋常ならざる力を持っていたんです。そしてその異世界から来た人、異世界人は国と国との戦に利用され、次々と国々が滅んでいったんです」


「それで、国々が滅んでいく中、異世界から人を呼び出す儀式を知る者達が死んでいったから、語り継がれなくなったという事か?」


「はい、そうです」


「でも、異世界から人を呼び出す儀式が少なくなった事により、国と国との戦が無くなったんじゃないか?」


「確かにそうなんですけど。異世界人が少なくなるとまた別の問題が発生するんです」


「どんな問題なんだ?」


「我々王族は、その異世界人と婚約し結婚するのが当たり前なんです!」


「それだけ?」


「それだけです」


「別に異世界人じゃなくてもいいんじゃないのか?」


「確かにそうなんですが、色々あるんですよ、王族にはね」


「へぇー。まぁ、この話はもうやめようか。もう、王宮に着きそうだ」


「もう着くのですか。早いですね」


「そんなもんじゃないのか?僕達、空を走ってるわけだし」


空を走ってるを正確に言うと、空中に展開した【九絵障壁ナインス・イーリアス】を足場にして走ってる、だな。


「よし、降りるぞ」


「はい。ってキャーーーーーーーーーー!」


僕は展開していた【魔力障壁ナインス・イーリアス】を解除し、急降下した。


「アリシアうるさい」


「だって急に落ちるから! 怖かったんだもん」


「うん、知ってる」


だってアリシアは今、僕の服を力いっぱい握ってるし、目を瞑ってるから、見ただけで分かる。


そして地面に衝突する瞬間、「【乱空突風シエル・ブラスト】!」と唱え、落下速度を落とすどころか、少し浮き上がり、完全に落下速度を落とした状態で着地した。


乱空突風シエル・ブラスト】 上級防御魔法。

空を乱す程の突風で敵を吹き飛ばす。


「大丈夫か?」


僕はお姫様抱っこをしているアリシアに言う。


「大丈夫なわけないじゃない。死ぬかと思いました!」


「それは良かったです」


「何が良かったんですか! お父様に言って、死刑にしますよ!」


「ごめんなさい、調子に乗りました」


僕は土下座をして謝った。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


「えーと、ここは?」


「お母様の寝室です」


「何でこんな所に?」


「お父様はこの部屋にいつもいるので」


「そうなの?」


そう言いつつ、僕は寝室を見渡す。


僕が思っていたのとは違って、この部屋は豪華ではないのだが、お金が沢山使われていて、気持ちが落ち着く部屋になってるなぁと思った。


三人ぐらいなら一緒に寝る事が出来る大きなベッドに、大きな机、タンスなどが沢山ある。


このベッドにはアニメなどの二次元でしか見た事のないカーテンがかかってあった。


この王宮はとにかく凄い。


庭もエントランスもこの部屋も凄い。


凄いとしか一般市民の僕には言えない。


庭には沢山の薔薇が咲いていて、その薔薇が壁となり道を作ってて何より広かった。


エントランスも広く、赤い絨毯が敷かれており、豪華なシャンデリアが天井に吊られていた。


「それで、どうしていつもこの部屋にいるの?」


「お母様は目が見えないの」


「目が見えないのは、いつ頃か分かる?」


「生まれつきだって言ってたよ」


「そうか。……じゃあアリシアの母さんは、アリシアを見た事が無いって事なのか」


「はい」


アリシアは顔を暗くし、うなづいた。


こんな顔されたらさ、治したいのはやまやまなんだけど、元々目が見えないんじゃ、治せない。


「取り敢えず行こうか」


僕たちはドアの前から移動し、アリシアの母さんが横になっているベッドに近づいていく。


「お父様、お母様。只今戻りました」


「ご苦労だったな、アリシア。それで、結果はどうだった」


「ダメでした」


「そうか」


「で、でもお父様! 優夜らお母様の目を治せるかもしれません!」


え? 何これ? 僕目なんて治せないよ?


「本当か!」


「はい!」


「なら、早速悪いんだが優夜と言ったかの。マリアの目を治してくれ。……頼む」


えぇぇぇぇぇ!


アリシアの父さんって事は、この人王様だよね?


僕、そんな人に頭下げさせてるよ。


「は、はい! 分かりました。 ……あの、お手数ですが部屋の外に出て欲しいんですが」


「あぁ、分かった。アリシア、行くぞ」


「はい、お父様」


そう言って二人は部屋から出て行った。


出て行ったのだが、どうしよう。


「あの、マリアさん。目が見えないのは生まれつきですか?」


「はい、そうです。……あの、優夜さん。無理なら良いんですよ? 私の目は、どんな凄腕の医者や、魔法使いでも治せなかったんですから」


「でも、嫌じゃないですか? 自分の子供達や旦那さんが見えないのは」


「それは、そうですけど。子供達やクリストファーの声を聞けるだけで私は満足してるんです」


「ほ、本当にそんなんで良いんですか! そんなの、マリアさんが満足してるだけじゃないんですか? アリシアやクリストファーさんはどう思ってるのか、マリアさんには分かってるんですか? ……すみません、言い過ぎました」


「いえ、その通りです。私は諦めてるんです。……でも、治るなら治して欲しいです」


「なら、治しましょう。治す事は出来ませんが、新たに眼球を作る事は出来ます。それは、痛みが伴うかもしれません。どうするか、それはマリアさんが決めてください」


「お願いします、優夜さん。私にあの子達の顔を見せてください」


「分かりました。なら、いきますよ」


僕は【激減】をマリアさんにかけ、マリアさんの細胞を取り、その細胞を【細胞複製】を使って培養し、培養した細胞を【加工】を使って眼球を作り、マリアさんの眼球を抉り取り、すぐに作った眼球を【接着】で視神経と繋げ、【癒光ルミエア・ヒール】を使って、傷つけた視神経を治癒する。


【激減】 体にかかるダメージを75%減らす。


【細胞複製】 細胞を培養する。


【加工】 原料から新しい物を作る。


【接着】 何かと何かを引っ付ける。


癒光ルミエア・ヒール】 上級単体回復魔法。 どんな傷でも一瞬で治癒する。


最初この《スキル》を見つけた時、こんな《スキル》いつ使うんだよと思ってたんだけど、まさかこんな時に使えるとは思わなかったな。


このマリアさんの眼球、どうしよう。


【アイテムBOX】の中に入れておくか。


「マリアさん? 大丈夫ですか?」


「はい。痛みはありましたが、耐える事の出来るくらいの痛みでしたので」


「では、マリアさん。目を開けてください」


「はい」


マリアさんは少しずつ目を開けていく。


そして、完全に開かれた時、マリアさんは涙を流した。


「見えます、見えますよ。優夜さん!」


「良かったです」


こうしてマリアさんは、自分の子供達の顔を見る事が出来、アリシアやクリストファーさんは喜んで、めでたしめでたしと終わると思ったのだが、そうはいかなかった。













  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます