第3章 はじめてのオークション

013 第3章 はじめてのオークション

《オークショニアに向かって

 ドングリを投げないようお願いします》



 オークション会場の入り口に、アニキがそんな紙をった。

 妖精の屋敷やしき広間ひろまのひとつを、私たちはオークション会場として貸してもらったのである。


 大人になってから、当時のことを振り返ると――。



『あれって、とんでもなく奇跡的な出来事だったんじゃないのかっ!?』



 そんな感想が浮かんだ。

 森で妖精と出会えたことだけでも奇跡だった。

 それなのに私たちは、妖精たちに受け入れられ、そのうえオークションの開催まで許可されたのだから!


 あの夏――。

 まだまだ子どもだった私たちが、妖精の屋敷でオークションを開催した。


 これを奇跡と言わずして何と言うのか!



   * * *



 妖精の少年・サンドロと戦った後。

 赤髪の細マッチョ少年・パブロが、気絶したサンドロを背負って歩いた。


 しかし、パブロがサンドロを背負う前――。

 私は実はこっそりと、地面に横たわるサンドロの身体をハンマーであちこち叩いていた。ハンマーは戦闘時の大きなサイズではなく、魔力を込める前の普段通りのサイズだ。


『人類の歴史の中で、木槌きづちでいちばん多くのものを叩いた人間』


 当時の私は、そんな人間になることを夢見ていた。

 だから、妖精の身体をあちこちと木槌で叩いて、感触を確かめたくて仕方なかったのである。


 身につけたハンマー術を使って、サンドロにダメージを与えることなく叩くことは可能だった。

 私の心の中で、『ハンマー術の悪魔』がささやいた。


『リザを叩くのはマズイ。だが、サンドロなら、まあ……叩いてもいいんじゃないか?』


 戦闘後の興奮こうふんもあってか、欲望を抑えきれなかった。

 とにかく、このとき私のハンマーは『妖精の少年の身体』の感触をきっちりと覚えたのだった。


 パブロが気絶したサンドロを背負うと、妖精の少女・リザの案内で私たちは屋敷の敷地内に足をみ入れた。

 敷地内には妖精の大人たちが何人もいた。

 リザやサンドロと同様に、みんな髪が淡いピンク色だった。


 彼らにとって人間の子どもというのは、やはり珍しい存在だったようだ。敷地内を奥へ奥へと進むにつれて、私たちを取り囲む妖精の数は徐々じょじょに増えていった。私たちのことをわざわざ見に来るのだ。

 最終的には、ざっと20人以上の妖精と出会ったと思う。


 気絶したサンドロを大人の妖精たちに預けると、リザと私たちは屋敷でもっとも地位の高い存在と向き合うことになった。

 リザの母親だ。彼女がもっとも地位の高い存在だった。

 ――というか、リザの母親は『妖精の国の女王』だったのである。


 あまり詳しくはわからないのだけど、妖精の世界にはたくさんの小国しょうこくがあるそうだ。

 リザの母親は小さな国の女王で、屋敷はそんな妖精の女王の避暑地ひしょちだった。


 謁見えっけんの間と表現すると少し大袈裟おおげさかもしれないけれど、玉座ぎょくざのような大きくて豪華な椅子のある部屋に私たちは通された。

 天井の高い部屋だった。赤色の細長い絨毯じゅうたんが部屋の入口から大きな椅子に向かってまっすぐに伸びていた。


 赤い絨毯の上を私たちがぞろぞろ歩くと、玉座みたいな椅子に座っていたリザの母親が静かに立ち上がった。

 彼女は歩き出し、こちらに近づいてきた。私たちを間近で観察したくなったからだと思う。

 彼女にとっても、人間の子どもはおそらく珍しかったのだろう。


 母親は、リザをそのまま大人にしたみたいな印象だった。長い髪は腰のあたりまで伸びていて、他の妖精たちと同様に淡いピンク色だ。

 リザの方は緑色の服を身につけていたけれど、母親の方は上等なシルクで仕立てられた白いローブに身を包んでいた。


 母と娘で顔はよく似ていたが、体型は違った。

 リザはほっそりしていたけれど、母親の方は胸が大きくてグラマラスな身体つきだったのである。

 そのためウブな少年だった私は、なんだか目のやり場に困った。


 代表してリザが、これまでの経緯を母親に説明した。

 リザが早朝に家出をしたことや、森で私たちと出会ったこと。

 サンドロと戦ったことなどをだ。


 ときどきマルクが説明を補足ほそくしようと、いくらか口を挟んだりもした。

 パン屋のステンドグラスを割ったことや、私たちがオークションを開催するつもりで、ここにやって来たことも説明した。


 話をじっと聞いていた母親だったが、口を開いたかと思うと、まずは私たちに対して感謝の言葉をべた。

 娘のリザが人間の町に行かず、こうして妖精の屋敷に無事に戻ってきたのは、私たちのおかげである――と母親は判断したのだ。


 そして、妖精の女王が妙に食いついてきたのは『パブロがパン屋の娘に恋をしている』という話題だった。

 リザの母親は、両目をキラキラ輝かせながら言った。


「その赤髪の少年とパン屋の娘さんとの恋が成就じょうじゅするよう、ぜひ協力させてください」


 彼女の反応は、娘のリザと本当によく似ていた。

 母も娘も恋の話には興味津々きょうみしんしんだったのである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る