勇者が生まれる予定の町の競売人《オークショニア》

作者 岩沢まめのき

006 【第1章 完】森の入り口にて」への応援コメント

このエピソードを読む

  • アニキの人脈!
    そ、尊敬出来る!

    「妖精ならどうだろうか? 妖精相手の……」
    のくだりからのワクワク感が凄くて、
    この後どうなる? と引き込まれました!

    面白いです!