勇者が生まれる予定の町の競売人《オークショニア》

作者 岩沢まめのき

005 ステンドグラス」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 迷惑をかけたことを正直に伝え謝るという普通のことでも、子供の視点から見ればとても勇気のいることだと思います。
    正直に謝るパブロ君・マルク君・フランソワーズちゃん。そして事情を知ったおじさん(フランソワーズちゃんの父親)はそれを叱ることはなく、ステンドガラスを片づけた後の店先の掃除だけを頼む。そして最後にパンをあげて「明日からいつも通り娘と遊んで欲しい」という場面……
    パブロ君・マルク君・フランソワーズちゃんが一歩成長し、おじさんの優しさが伝わるような、とても心が温かくなる・和むような気持ちになれるお話ですね。