121


 ねぇ矢吹君、今、どこにいるの?

 矢吹君……元気なんだよね。

 全然、連絡くれないから心配したんだよ。


 矢吹君から、初めて貰った誕生日プレゼント。


 やっぱり嬉しい。


 メッセージカードを探したけど、袋の中には何も入っていない。


 でも……そんな所も……

 矢吹君らしいな。


 私の誕生日、どうして知ってるんだろう。私の友達から聞いたのかな。


 すごく……懐かしくて……

 すごく……嬉しくて……

 ちょっと泣きそうだった。


 このウルフの名前、決定しました。


【たかしくん】です!

 うふ、まんまだよ。


 そして、恵太からのプレゼント。

 袋を振るとカラカラ音がする。


 なんだろう?

 超、楽しみ!


「な……なんだコレ?たこやきの……?ストラップ?」


 恵太……?

 趣味悪すぎだよ!


 さすがに、携帯電話にも通勤バッグにもムリ!


 私のこと、まだ幼稚園児だと思ってるの?


 二十三歳のバースデープレゼントだよ。

 ウケ狙わないでよね。


 ストラップを指にぶら下げ、思わず苦笑い。恵太のプレゼントには、メッセージカードがついていた。


【優香、誕生日おめでとう!またいつか、優香に逢いにいに行くよ。俺、大阪に引っ越してよくわかったんだ。優香のことが、大、大、大好きだってこと。

 毎日、優香のことばかり考えてる。そのストラップは俺とお揃いだからな。恵太】


 あはっ……はっ……。

 まさかの、お揃い?


 マジですか?恵太さん?

 さすがに……ださいよ。


 仕方がない。


 ウルフの【たかしくん】の手に、たこ焼きのストラップをぶら下げる。


 やっぱり矢吹君が大好き。


 ごめんね……恵太。

 好きの種類が、ちょっとだけ違うんだ。


 一緒にいると、心臓が口から飛び出しそうなくらい、ドキドキする矢吹君。


 そして……

 一緒にいると、気持ちが安らぎホッとできる恵太。


 私の一番は……

 どっちなんだろう。


 二十三歳になった私。

 いつまで経っても、子供染みている私。


 誕生日プレゼントを見れば、わかるけど。二人とも私のことを、完全に子供扱いしている。


 来月から、こんな私も社会人だ。

 もっと素敵な女性になって、また二人に逢いたい。


 そして……

 もう一匹、いや、もう一人忘れてはならない人が……。


「かめなしさん」


「ミャア〜ァン」


 かめなしさんは甘えた声で、ドアの隙間から顔を出した。


「さっきはごめんね。おいで」


 かめなしさんが私の膝の上に、ピョンって飛び乗った。長い尻尾が左右にユラユラ揺れている。


「ミャ〜ァ〜ァン」


 鼻に掛かった甘い声で、私の顔に擦り寄りペロペロと唇を舐める。これが人間なら、キスの嵐だよね。


「やだ、くすぐったいよ」


 ――『優香、俺に夢中にさせてやるよ』


「……えっ?」


 ふと、懐かしい声が聞こえた気がした。

 かめなしさんと視線が重なり、かめなしさんがニヤリと笑ったように見えた。


 ――ま、ま、まさか……ね!?






  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます