120

 ――トラックが発車した……。


 恵太の乗ったタクシーもゆっくりと発進する。男子がタクシーを追い掛けた。


 恵太の乗ったタクシーが……

 だんだん……だんだん……

 小さくなって行くよ。


 手を振っている恵太が……

 だんだん……だんだん……

 小さくなって行くよ……。


 ――私の目に……

 涙が浮かんだ……。


 その涙は……

 ポロポロとこぼれ落ちる。


 ――恵太……

 また逢おうね。


 恵太……

 今まで……

 ありがとう。


 ――恵太

 大好きだよ。


「ニャ~」


 かめなしさんがそっと私に近付き、足をチョンチョンと触る。


 抱き上げると、私の涙をペロペロと舐めた。


 「……やだ。くすぐったいよ」


 かめなしさんは止めることなく、ずっと涙を舐め続けている。


 優しいね。

 かめなしさん。


 大切な人を二人も失ってしまったけれど、かめなしさんが傍にいてくれたら、頑張れる気がする。


 私、少しは成長出来たかな。


 ◇


 ―二千十七年五月八日―


 嬉しい知らせが届いた。

 今まで何十社も受けて惨敗記録を更新し続けていた私が、ついに内定を貰ったのだ!


 これもかめなしさんのお蔭だよ。

 私がこの職種を選んだのは、かめなしさんとの不思議な体験をしたから。


 あの体験がなかったら、この職業を選択することはなかっただろう。


 ―五月二十五日―


 私の手元には三つの誕生日プレゼントが届いた。


 ひとつは大阪から。

 もうひとつは……名前は書かれているが、住所は書かれていない。

 そして……もうひとつは、かめなしさんだよね。


「きゃああ-!かめなしさん!ヤモリの死骸を机の上に置かないでって、何度も言ってるでしょう」


「ニャ~」


 かめなしさんはどや顔で『ふふん』と笑っているようにも見える。


「わかったよ。これは私への誕生日プレゼントなのね?でも、ヤモリはいらないから。気持ちだけ貰っとくよ」


 かめなしさんはヤモリの死骸を咥え、恨めしそうに私をチラ見し、部屋を出て行く。


 かめなしさんと直接話が出来ないのは、本当に不便だ。テレパシーでいいから、会話が出来たらいいのに。


 机の上を綺麗に拭き、二つのプレゼントと睨めっこする。


 どっちを先に開けようかな。


 迷う、迷う。


 でも、ごめんね、恵太。


 やっぱり矢吹君のプレゼントから、開けちゃうんだ。


 矢吹君のプレゼントは、ウルフのぬいぐるみ。どうしてウルフなんだろう。でも、ちょっと矢吹君に似ている気もする。


 このウルフ……

 もしかして……?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます