118

 「ママ-!ママ-!大変だよ!かめなしさんがいなくなった!」


 私の叫び声に、母がダイニングルームから顔を出す。


「やだ、目の前に座っているじゃない。寝ぼけてるの?馬鹿な事言ってないで、しっかりしてよね。ねぇ、かめちゃん」


 猫のかめなしさんはキリッとした目を母に向け、甘えた声で「ニャ~」と鳴いた。


「ニャ~?かめなしさん、ニャ~って言ったの?」


「ニャア~」


「マ……ママ、かめなしさんが、ニャ~って言ってる!ママ!ねえ!ママってば!聞いてるの」


「何言ってるの?猫が『ワン』とか『コケコッコー』って、鳴いたらおかしいでしょう。猫は『ニャ~』幼稚園児でも知ってるわよ」


「これはだから。私が言ってるのは、茶髪で白いスーツを着たイケメンのだってば」


「優香、いい加減にしなさい。かめちゃんが白いスーツを着てるわけないでしょう。変な夢を見て、朝っぱらからママをからかわないで。早く顔洗って、目を覚ましなさい。恵ちゃんが出発してもしらないよ」


 ……母は完全に逆ギレしている。


 まずはに……。

 冷静にならないと。


 かめなしさんは猫に戻ったのかな?

 それとも私の特殊能力がなくなったのかな?


 もうずっと猫なのかな?

 それともずっと猫だったのかな?


 私の言葉、通じてるのかな?

 もうかめなしさんと話せないの?


「……かめなしさん。聞こえてる?かめなしさんは猫に戻ったんだよ。猫にしか見えないの。私の言葉がわかったら、手を上げて」


「にゃおん~」


 かめなしさんは私の手をペロペロ舐めた。


 かめなしさん、もう私の言葉がわからないの?人間の言葉がわからないんだね。


 かめなしさんが猫に戻り、本当なら嬉しいはずなのに、胸がキューッと締め付けられ、無性に寂しいのは何故だろう。


 かめなしさんを抱き上げ、両手で高く掲げた。かめなしさんの体を隅々まで観察する。


「ニ……ニャ……ア……ンッ」


 どう見ても、かめなしさんは猫だ。かめなしさんをギューッと抱きしめ頬擦りする。


「お帰り。猫のかめなしさん。大好きだよ。ずっと大好き」


 床に下ろすと、かめなしさんがいつものようにゴロゴロと寝転がった。


「かめなし、ふぇっ……何で猫なのよぅ。猫なんてやだぁ」


 私は半べそ状態で、かめなしさんの体をひたすら撫でた。


 私の隣で、母が口をポカンと開けて見ている。


「……さてと、恵ちゃんちに先に行ってるから。朝ご飯食べたら来なさい」


 母はかめなしさんをヒョイと抱き上げ、先に家を出た。


 この数ヶ月……

 何だったんだろう。


 昨日の夜、かめなしさんと話したことも、全部夢だったのかな。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます