115

「うわ、わ、わ!?な、なに!?」


 額を掠めただけの優しいキスなのに、驚いた私は、思わず声を上げる。私のリアクションに恵太は、明らかに動揺している。


「……ごめん。優香が……可愛かったから。最後に想い出が欲しかったんだ。これで、俺、採用試験受かる気がする。じゃあ、明日……な」


 キスしたのに……

 謝るんだ。


 このキスは想い出のキス……

 すでに過去形なんだね。


 採用試験受かる気がするって……

 何のご利益なのよ。


 恵太の夢すら教えてくれないのに、私のキスをお守り代わりにしないでよ。


 矢吹君とのキスを思い出し、嬉しいのか、悲しいのか、それすらもわからない。


 玄関ドアを開け家の中に入ると、かめなしさんが階段に座り、ジロリと睨み付けた。


 まさか……キスされたの見てないよね……。


『優香!』


「は、はい!」


 恥ずかしさから、思わず声が裏返る。


『なんで、アイツなんだよ。矢吹よりマシだけどさ。俺という、カ、レ、シ、がいながら。なんで、次から次へと浮気するわけ?二股とか、三股とか、人間は平気なのか?』


「猫と一緒にしないで。三股なんてあり得ないし。そもそも、かめなしさんは彼氏じゃないし」


 ピンと立っていたかめなしさんの耳が、ダラリと垂れる。


『そんなぁ……。俺が、一番気にしてること、平気で言うんだからな。マジでへこむし……。言っとくけど、優香のファーストキスは矢吹でも恵太でもない。俺なんだからな。何度上書きされても、俺が一番なんだから』


 一人で、いや一匹でいじけてるかめなしさん。私のファーストキス……、どれがファーストキスなのか、わかんなくなってきた。


「かめなしさんは猫だけど、大好きだよ」


 しまった。

 つい可哀想になり、『大好きだよ』と口走る。


『えっ?えっ?……マジで?俺のことが好きなのか?』


「うん、猫の中では一番だから」


『な、なんだ。猫の中でかよ。この家に飼い猫は一匹しかいないだろ。俺をバカにしてんの?』


「どうとらえるかは、かめなしさん次第」


『ちぇっ。でも優香は俺のことが、大好きなんだよな?まじか、照れるなぁ。優香、部屋に行こうぜ。ゆっくり愛を深めよう』


 一人で盛り上がっているかめなしさんを、横目で見ながら二階へ駆け上がる。


『優香、そんなに急がなくても。直ぐに俺も行くよ。ハニー』







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます