113

「そんなシケた顔すんなよ。俺と二人きりはそんなに嫌か?」


 恵太が、笑いながら言ったんだ。


 嫌じゃ……ないよ。

 そう言いたかったけど、言葉が出てこない。


「俺は嬉しいよ。美子、俺に気を使ってくれたんだな。それに美子が草野と付き合ってることも嬉しい」


「えっ……?」


「美子のこと、気になってたから。俺さ、明日大阪行くんだ。本当は大学卒業した時に、父ちゃんの転勤決まってたんだ」


「うそっ……」


「だからどうしても、優香にちゃんと告りたかったんだ」


「恵太……」


「でも、キャンプで自分の気持ちが言えてすっきりした。ちゃんと失恋したから、俺も潔く諦めることが出来たんだ。この間の原宿デートを最後の想い出にするつもりだった……」


 恵太は獣耳を付けたまま、私を見て笑った。


 私のこと、潔く諦めたんだ。

 私はこんなにモヤモヤしているのに。


「いいんだ、俺。お前と友達で。一番の親友でいてくれれば、もうそれでいい」


「ち……違うよ……」


「何が違うんだよ。もう親友にもなれないってか?」


「だから……違うよ」


「ん……?」


「私……わかんないの」


「なにが?」


「だから……恵太のことがわかんないの」


「なんだよ、それ?獣耳付けてるけど、俺は人間。ふんがあー!」


 恵太は獣みたいにポーズをとる。


「茶化さないで。私ね……恵太のこと」


「なに?」


「自分の気持ちがよくわからないの。矢吹君のこと、今も大好きだよ。でも……恵太のことも……嫌いじゃない」


 そこまで話したら、急に恥ずかしくなった。


 もう……ここから先は、口が裂けても言えない。


「ま……マジで?マジで?マジで?」


 恵太が兎みたいにピョンピョン飛び跳ねている。


「うわぁ!それ、好きってことだよな?二十年待ってやっと返事をもらえた!」


「二十年待って……?」


 何……それ?

 初めて告白されたのは、キャンプだったし。二十年も待たせてないよ。


「何だ、忘れたのかよ?俺、幼稚園の入園式の日に『好きだよ』って言ったろ。そしたら、お前、俺に『あっかんべぇー』したんだよ。俺、人生初の告白で木っ端微塵に振られて、すげぇへこんだんだぞ。

 あれがトラウマになって、お前に好きだって、言えなくなっちまったんだからな」


「……マジで?」


 私……恵太にそんな事したっけ?


 幼稚園の記憶なんて、全然……覚えてないよ。


 恵太、ずっと私のことを……

 好きでいてくれたんだ……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます