112

 ――ショックだった……。


 矢吹君が居なくなった時と、同じくらいショックだった……。


 だって……

 恵太が引っ越すなんて……

 一度も考えた事、なかったし。


 物心ついた頃から、ずっと一緒で……

 二十年近くも……

 ずっと一緒で……。


 『幼なじみ』なんて、言葉では言い表せないほど、私達三人の関係は特別で……。


 このまま社会人になっても……

 結婚しても……

 ずっと、一緒なんだって……。


 私の傍には……

 いつも恵太がいるって……

 勝手にそう思っていたから……。


 突然居なくなるなんて……

 考えた事も、なかったよ。


 ――涙が溢れてきた……


 我慢出来なくて、私は子供みたいにしゃくり上げて泣いた。


 恵太は大きな手で、私の頭をクシャっと撫でた。


「ひでぇ顔だなあ。獣耳貸してみろ」


 恵太は鼻をグスンと鳴らし、獣耳のカチューシャを自分の頭に付けて、戯けてみせた。口は笑ってるけど、目には涙が浮かんでる。


 私、今まで……気付かなかった。


 恵太は兄弟みたいな存在だったから……。


 矢吹君のことが……

 大好きなように……。


 恵太のことも……

 大好きだってこと……。


 二人とも大好きだなんて、私……

 おかしいのかな。


「ごめん恵太。私、今日デートなの。先に帰るね」


 突然、美子が立ち上がる。


「田中、彼氏が出来たのか?マジでぇ?」


 カンジが奇声を発した。


「うん。草野君と付き合ってるの」


「草野って、同じ高校だった草野剛!?なんだよぉ、草野と付き合うくらいなら、俺と付き合ってよ」


 カンジはガックリと項垂れている。

 カンジが美子に恋をしていたなんて、知らなかった。


「ほら、カンジも宏一も用事があるでしょう」


「用事?俺達、チョー暇だけど」


「何言ってるの。ほら、行くよ」


 美子の目配せに、カンジが目をキョロキョロさせた。


「あっ……、そーだった。そーだった。俺達、今から合コンなんだ。悪いな、恵太。引っ越しの見送りには必ず来るから。じゃあな」


 美子は笑いながら、私にブイサインをした。


 どうして……

 みんな帰っちゃうの?


 美子はカンジと宏一の背中を押し、サッサと部屋を出て行く。


「待ってよ。美子ってば。カンジ……宏一!」


 私は獣耳のカチューシャを付けた恵太と、二人きりになった。


 妙に気まずい……。


 何を話せば……いいの。


 今まで恵太を意識したことないのに。

 緊張している自分がいる。


 トクン、トクン、と、鼓動が速まった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます