111

 チャイムを鳴らすとドアが開き、おばさんが顔を覗かせる。


「優香ちゃん、美子ちゃん、どうしたの?」


「おばさん!引っ越すって本当ですか!」


「本当よ。それでわざわざ来てくれたの?家の中、段ボール箱だらけで捌けてるけど上がってちょうだい。宏一君もカンジ君も来てくれてるのよ」


「お邪魔します!」


 美子と私は玄関で靴を脱ぎ、二階に駆け上がる。恵太の部屋に入ると、部屋は足の踏み場もないくらい捌けていて、宏一とカンジが荷造りを手伝っていた。


「どーしたんだよ!優香、ひでぇ恰好だな。なんで獣耳付けてんだよ。まるで、野良猫だな。なぁ、宏一、カンジ」


「あはは、田中が上品なペルシャ猫で、上原は雑種ってか」


 私は慌ててカチューシャを外す。


「……っ、カンジや宏一が来てるなんて、知らなかったから。ていうか、カンジ!雑種って、なによ!せめて、三毛猫にして」


「あはは、上原らしいな。お前らも引っ越しの荷造り手伝いに来たのか?」


「荷造りって……。恵太が引っ越すなんて知らなかったから。カンジは聞いてたの?」


「知るわけねーじゃん!ゴールデンウィークに遊びに行こうぜって、LINEしたら引っ越すっていうから、慌てて宏一と来たんだ。コイツ、誰にも言わずに引っ越すつもりだったんだぜ」


 恵太が苦笑いしながら、コミックを段ボール箱に詰めていく。


「もういいじゃん。引っ越しの荷造り手伝ってくれる気があるなら、手を動かしてくれよ。猫の手も借りたいくらい忙しいんだからさ。ほら、そこの寝癖がついた三毛猫も!」


「……っ、バカにしてるの」


 私は手櫛で髪を整える。


 恵太はアルバムを手に取り頬を緩めた。恵太の視線の先には、三月にみんなで行ったキャンプ場での集合写真。


 到着した時の集合写真は、みんな楽しそうに笑ってるけど、解散前の集合写真はみんな微妙な顔をしている。楽しそうに笑っているのは、無邪気な子供だけ。


「色々あったけどさ。俺は楽しかったよ。みんなとキャンプに行けたし、大事なこともちゃんと言えたし」


 恵太は私の顔を見つめた。


 どうして私の方を見てるの。

 やだな……。


「写真見る暇あったら、手を動かしなさい」


 恵太の視線にカンジが気付き、「ヒュ〜ヒュ〜」と、指笛を鳴らした。


「恵太!あの日、マジで告ったのか?」


「う、うっせぇ。もう忘れちまったよ」


 恵太は郵便ポストみたいに、真っ赤になった。


「俺さ、大阪に行くんだ。時々東京に戻ってくっから、そん時はまた俺と遊んで下さい!……以上っ!」


 恵太が私達に頭を下げた。

 宏一とカンジがパチパチと拍手する。


「恵太、いつでも東京に戻って来いよ」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます