102

「彼女から、電話があったのか?」


「彼女からの電話はない。ナイトがメモ用紙を食べちまったらしいからな」


「は?メモ用紙を食った!?アイツ、魔術で山羊にされたのか!?」


「違うよ」


「じゃあ何で食べたんだよ。タカは彼女とこのまま別れてもいいのかよ」


 セガの言葉に、心が痛む。

 優香の泣き顔を思い出したからだ。


「一度は彼女と別れた。でも、忘れることなんて出来なかった……。別れて、彼女のことが本当に好きだとわかったんだ。国に戻り父に彼女とのことを認めてもらう」


「は?国王に?それは無謀だろ。俺達は囚われ、魔術師に永遠に眠らされちまうぜ。国王に無断で地球に来たことがバレて追われたんだ。俺とタカは逃げ延びた。だけど、逃げ遅れたナギとナイトは魔術を掛けられた。ナイトは今だに俺達の元に戻って来ない」


「ナイトは魔術で小動物に変えられ、彼女に拾われ、今も彼女の家にいる」


「マジかよ。だったら、どうして一緒に連れて帰らないんだ。全員で王国に戻り許しを請えば、ナイトの魔術も解いて貰えるはずだ」


「本人はそれを望んでいないようだ」


「は?一生山羊でいたいと?」


「だから、山羊じゃない。ナイトはにされたんだ」


「……猫!?ナイトが?猫?バンドと同じキャラじゃん。あはは、嘘だろ?獣族のアイツが人間にニャーニャー媚び売ってんの?」


 ゲラゲラ笑っているセガの頭を、ナギがポコンと叩く。


「笑いすぎだよ。ナイトは彼女の家族なんだよ。彼女のママもナイトのことを愛してるんだ。僕に逢うために家を出たナイトを、みんな必死で捜していたんだからね。ナイトが戻った時、ママも彼女もワンワン泣いたんだから」


「ワンワンとニャンニャンか。アイツが人間の世界で、ペットとして飼われているなんて、想像もつかねーよ」


「セガ、いい加減にしろ。今はナイトの意志を尊重し、地球に残す。万が一、彼女に危険が及んだとしても、ナイトが彼女を守ってくれるだろう。ホワイトメイディ王国には三人で帰還する」


「それが王子の決定なら、逆らえないな。ナギ、行こうぜ」


 ナギはセガの言葉に頷いた。


 ――俺達は横一列となり、羽田空港の搭乗口に近付き、右手を真っ直ぐ上に伸ばし人差し指を天に向ける。三人の指先が赤く光り、光線が円を描く。


 異次元ポータルが開き、俺達の体は瞬時にその穴に吸い込まれた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます