99

 ――翌朝……


 目覚めると、私の隣でかめなしさんが一緒に寝ていた。


 昨日、一晩中泣いて……

 そのまま、泣き疲れて寝てしまったんだ。


『おはよう、優香』


「お、おはよう……」


『昨日の優香は激しくて、俺、まいったな』


「は……はあ?」


『あんなに激しく抱き締められたのは初めてだよ。俺、クセになりそう』


「……?????」


『この姿になって初めて一緒に朝を迎えたし。初めてのベッドインは、なまめかしくて刺激的な夜だった』


「あ、あのさ……。言葉の使い方、間違えてるよ」


『どこが間違ってんだよ?照れない、照れない。俺達は同じベッドで寝て朝を迎えたんだ。一線は超えてないけど、パパやママはきっと一線を超えたと思っているはず。正式に挨拶した方がいいかな?』


「一線?パパもママもそんなこと思わないよ。だってかめなしさんは猫なんだから。正式に挨拶しても、パパやママには『ニャー』しか聞こえないし」


『はっ……?そうだった。優香、二人だけの秘め事だな。逢瀬おうせを楽しむのも萌え~だな』


「ど、どこが逢瀬なの。昨日は泣きすぎて寝てしまっただけ。もう二度とベッドで寝ないでね」


『冷たいな。俺達もう他人じゃないのに』


「……っ、他人だからね。私とかめなしさんは永遠に他人だからね」


『そんなことわかんねーだろ』


 かめなしさんは渋々ベッドから飛び下りた。


 ――矢吹君……


 私……昨日……

 矢吹君と別れたんだ……。


 でも私は『さよなら』なんて、言わなかったよ。


 矢吹君とまたいつか、逢えると信じているから。


 ベッドから起き上がり鏡を見る。

 ひ、ひどい顔だ……。


 泣きすぎて、顔がパンパンに腫れてるよ。まるで、ホカホカの肉まんみたいだ。


 ――玄関のチャイムが鳴り、階下から母の声が響く。


「優香!いつまで寝てるの。美子ちゃんが来てるわよ」


「……美子!?」


 どうして美子が……?

 時計に視線を向けると、いつもの出勤時間よりも十分早い。


 かめなしさんは私よりも先に部屋を出て、階段を駆け下りる。


「おはよう。かめちゃん」


『おはよう美子!社会人になってまた一段と綺麗になったな。好きだよ』


 いつものように、かめなしさんは美子に抱き着く。美子はグレーのスーツなのに、かめなしさんを抱き締めている。


 あーあ……

 せっかくのスーツが毛だらけだ。


 顔を隠しながら、美子に「おはよう」と、小さな声で挨拶をする。美子は私の顔を見て声を上げた。


「わぁ、酷い顔!優香……悲惨だね……」


 やっぱり……


 悲惨だよね……。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます