98

 矢吹君の……唇が……


 私から……離れた。


「また……泣いてる」


 矢吹君はもう一度私を強く抱き締めた。


「優香……元気でな。どれくらいの時間が掛かるかわからないけど、ちゃんとケジメをつけてまた逢いに来るよ。俺、やっぱり……優香のことが好きだから」


 矢吹君に初めて名前を呼ばれた……。


 ケジメって、何のこと……?

 本当に……また逢いに来てくれるの?

 私のことが好きって、本当なの?


 聞きたいことはたくさんあるのに、感情に押し潰され言葉が出て来ない。


 矢吹君は大きな手で私の頭をクシャって撫でた。


 抱き締めていた手を解き、運転席のドアを開け車に乗り込む。エンジンを掛け、ハンドルを握った。


 ――矢吹君……


 本当に行ってしまうんだね……。


 だったら……

 どうしてそんなこと言うの……?


 どうして私にキスをしたの……?


「い……嫌だ……。行かないで……」


 泣きながら、声を絞り出す。


 矢吹君は、私に視線を向け優しい笑みを浮かべた。


 サイドミラーにかめなしさんの姿が映っている。矢吹君はミラー越しにかめなしさんを見つめた。


「またここに戻って来たのか……。それがお前の答えなんだな」


「……えっ?」


 独り言のように呟いた矢吹君。

 かめなしさんは矢吹君を睨み付けるように、視線を向けたままだ。


「優香、さよなら。必ず、逢いに来るよ。じゃあな」


「……矢吹君。私……待てないよ」


 矢吹君は笑みを浮かべたまま、車を発信させた。


 矢吹君……


 私をおいて行かないでよ……。


 その場に泣き崩れた私を、かめなしさんが抱き留めた。


『優香、顔グショグショだよ。早く家に入ろう。こんなところをママに見られたらどうするんだよ』


 私はかめなしさんに抱きかかえられ、玄関に入る。


 玄関に座り込み、かめなしさんを抱き締め、わんわん声を上げて泣いた。


『うわっ!優香、抱きしめてくれるのは嬉しいけど、く……苦しい!い、息ができないよ。力が強すぎて、骨が折れちゃうってば』


 一生分の涙を流したんじゃないかって、思えるほど、私はかめなしさんに抱き着いて泣いた……。


 体の水分が全部出て、本当に干物になりそうだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます