94

「草野君ったらね。運命の再会だって盛り上がっちゃって。恵太に失恋して、沈んでいたら、くだらないギャグで笑わせてくれて。研修所にいる時も、毎日LINEしてくれて……嬉しかった」


 失恋した美子の寂しい心に、草野君はすっと入り込んだ。高校生の時からムードメーカーで、バカなことばかりしてみんなを笑わせていたっけ。


 でもその反面スポーツ万能で、ヘタレの恵太とは正反対だったな。


 美子が草野君みたいなタイプを選ぶとは想定外だったけど、それだけ寂しかったのかな。


「優香、意外だなって、思ってるんでしょう。でも、草野君優しいんだよ」


「そっか、美子よかったね。これで干物コンビも解散だ」


「なに言ってるのよ。先に干物コンビ解散したのは、優香でしょう。ファーストキスだって私より先だったし。優香は矢吹君とどうなってるの?」


 美子は恵太と矢吹君のトラブルを知らない。私が矢吹君に『恋人がいる』と、嘘をつかれたことも、凪が私に真実を教えてくれたことも知らない。


 原宿で逢ったチャラ男に、矢吹君の新しい携帯電話の番号を教えてもらい、そのメモ用紙をかめなしさんが食べてしまったことも知らない。


「美子……。私、いっぱい話したいことがあるの」


「うん。いっぱい聞くよ。私は優香の親友だから」


「美子……。ふえっ……」


 二十二歳にもなって、すぐに涙腺が崩壊してしまう私。情けないけど、言葉より先に涙が溢れ出す。


「優香……。辛いことがあったの?いっぱい泣いていいよ。私、ちゃんと話を聞くからね」


 私は泣きながら、美子に全部話した。

 美子は「えーっ!?えーっ!?」って、何度も奇声を上げながら、私の話を聞いてくれた。


「凪さんもセガ君も、まるで優香と矢吹君のことを応援しているみたい。優香、もしも矢吹君と優香が運命の人なら、別れてその人の大切さがわかるってこともあるでしょう。もしかしたら……矢吹君も私みたいに落ち込んでたのかも。だから、凪さんやセガ君が心配して、優香に逢いに来たのかもしれないよ」


「……矢吹君が落ち込んでる?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます