【7】矢吹君の秘密……? 摩訶不思議。

92

 帰宅すると、玄関でかめなしさんが待っていた。若干苛ついているようで、ふて腐れている。


「ママ、ただいま」


「お帰りなさい」


『お帰り、遅かったな。まさか、恵太と本気で付き合ってんの?今まで、何してたんだよ』


 二階に上がると、かめなしさんも付いて上がる。部屋に入ると、かめなしさんは私の腕を掴み壁に押し付けた。


「わ、わ、何なのよ。恵太と私は友達なの。せっかく元に戻れたのに、ややこしくしないで」


『恵太と付き合ってないんだな』


 かめなしさんは私に顔を近付け、クンクンと匂いを嗅ぐ。


「きゃあ、何してんの。変態!」


『猫の嗅覚は人間より鋭いからな。恵太の匂いは体についてないようだな」


「か、体につくわけないでしょう。な、何考えてるの。それより、かめなしさんに聞きたいことがあるの」


『俺に?何でも相談に乗るよ』


「その前に、壁ドンやめてくれない」


『何でだよ。壁ドン、顎クイ、頭ポンポン、人間の女子はみんな好きだと思ってたけど。これでも優香の少女向けコミックで勉強したんだよ』


「それは両想いの場合です。ていうか、勝手に私のコミックを読まないで」


『ちぇっ……』


 かめなしさんは壁から手を離し、ベッドに腰を下ろす。私は机の椅子に座りポケットからメモ用紙を取り出す。


『何だソレ?』


「これ……矢吹君の新しい携帯番号なんだ」


『矢吹の……』


 かめなしさんは私からメモ用紙を奪い取り、グシャグシャと丸めて口の中に放り込んだ。


「きゃあ、やだ!かめなしさんのバカ!どうして食べるの!」


 ゴクンッと喉が鳴り、かめなしさんは口を大きく開けカッカッカと笑う。


 サイテーだ。

 まだ携帯の電話帳に登録もしていないのに。


『矢吹からもらったのか。もう矢吹に逢ったのか』


「違うわ。従弟のセガ君だよ」


『……セガ!?どいつもこいつも』


「かめなしさん?セガ君を知ってるの?どいつもこいつもって、どういう意味?」


 かめなしさんの言葉の端々が、小骨が喉に刺さったみたいに妙に引っかかる。

















  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます