91


 繋がれた手……

 幼稚園の頃を、ふと思い出した。


 恵太の手は小さかった。もちろん、私の手も小さかったけど。幼稚園の頃は同じくらいの大きさだった。


 でも、恵太の手は今はこんなに大きい。

 背中だって、こんなに大きい。


 いつから……

 恵太と私、こんなに違ってしまったんだろう。


 恵太はもう……

 幼なじみの恵太じゃない。


 恵太のことを、初めて異性として意識した。繋がれた手に、トクトクと鼓動が速まる。


 原宿にあるハンバーガーショップ。

 恵太と二人でカウンターに並ぶ。


「優香はダブルバーガーだよな。チーズ?それともエッグ?ポテトはLサイズだよな。ドリンクは?」


 恵太は矢継ぎ早に質問するが、私はポケットに突っ込んだメモ用紙が気になって仕方がない。


 二人でハンバーガーに齧り付き、たわいない話をする。恵太はいつも以上にお喋りだ。


「優香、俺の話を聞いてる?」


「……えっ、聞いてるよ」


「だったら、俺が今何の話をしたか言ってみて」


「……それは」


「ほら、全然聞いてねーじゃん。そんなに矢吹のことが好きなのか」


「……違うよ。私は矢吹君に振られたんだから」


「だったらいいんだ。せめて俺と一緒にいる時くらい、アイツのことは忘れてくれ」


「恵太……」


「これからどこ行く?今日は俺が優香の時間をもらったんだからな。優香とのこと、いい思い出にしたいんだ」


「いい思い出だなんて。変なの。原宿なんて、いつだって遊びに来れるでしょう。今度、美子も誘って一緒に来よう」


 恵太は表情を曇らせる。


「……美子はきっともう俺と話なんかしてくんないよ」


 恵太の落ち込んだ口調に、恵太も美子と仲直りしたいんだということが伝わる。


「そんなことないよ。美子は恵太と前みたいに友達に戻りたいと思っているはず」


 三人の関係を壊した私の言葉に、その説得力はない。


「ごめん。俺、今日はこんな話をするつもりはなかったんだ。今日は、優香と一緒に遊びたい。これ食べたらボーリングにでも行くか?それともカラオケ?映画でもいいな?」


 いつもはのらりくらりしている恵太が、やけに張り切っている。その理由がわからないまま、私は恵太と久しぶりにボーリングに行き、二人でガーターばかり出してゲラゲラと笑いあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます