90


「あれ?なーんだ、君だったのか。お久しぶり。あの時、君が言ってた彼氏ってコイツのこと?随分ダサい男と付き合ってんだな。俺の方がイケてると思わない?コイツやめて、俺と付き合わねーか?」


「お前!俺に喧嘩売ってんのか!」


「お前に喧嘩なんか売ってねーよ。だって、お前は猫パンチなんだろ。俺は警察沙汰はごめんだ」


「……猫パンチ!?どーしてそれを」


 恵太は憤慨している。

 猫パンチって、何のこと?


「……あ、あの。あなたの名前は……」


「俺は黒澤瀬我くろさわせが。これ、君にあげる」


 彼が私に放り投げたのは、白いうさぎのぬいぐるみだった。私は両手でそれを受け取る。うさぎのぬいぐるみは、人参ではなく、くるくると巻かれた白い紙を両手で抱えていた。


「カノジョ、気が向いたらソコに電話して。待ってっからさ」


「なんだよ、アイツ。優香、そんな紙捨てちまえ」


 うさぎのぬいぐるみから紙を抜き取り広げると、そこにはカタカナで『タカ』と書かれ『携帯電話の番号』が記されていた。


 タカって……矢吹君のことだよね?

 矢吹君は彼のことを従弟だと言っていた。


 電話番号変えたんだ。


 それは……

 私からの連絡を避けるため?


「……あ、あの」


 思わずセガを追い掛けた。

 凪のことを聞きたかったから。


 ゲームセンターを飛び出し、周辺を見渡したがセガの姿はどこにもなかった。


 凪のように……

 忽然と消えてしまったんだ。


「優香!どーしたんだよ!」


「恵太……。セガがどこにもいない……」


「は?路地曲がったんじゃね?つうか、何だよアイツ。矢吹の友達か?類は友を呼ぶっていうけど、チャラチャラしやがって似た者同士だな。矢吹も矢吹だ。俺のストレートパンチが猫パンチだなんて、他人に吹聴するとは許せない」


「恵太、猫パンチって?」


「うっさい。優香、ハンバーガー食べに行くぞ」


「あっ、うん」


 恵太は私の手を掴み、少し早足で歩く。

 私はセガに貰ったメモ用紙を、ポケットに突っ込んだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます