89

 ――翌日、恵太が私を迎えに来た。

 車はおじさんが使用しているため、最寄りの交通機関を利用して原宿に向かう。


「恵太どこ行くの?」


「優香の行きたいところ」


「……私の?別にないけど」


 美子と一緒なら、ブティックやカラオケに決定だが、恵太と行きたいところなんて、すぐに思い浮かばない。


「俺達の初デートだよ。行きたいところないのか?」


「は、初デート!?これ、デートなの!?私、そんなの聞いてないし。デートなら帰る」


「だって言ったら来てくれないだろう。デートじゃなくていいから、今日だけは付き合ってくれないか」


「今日だけって、近所なんだから、いつだって逢えるのに変なの。いいよ、じゃあ、ゲーセンのUFOキャッチャーで、ぬいぐるみをゲットすること。ハンバーガーショップで、ダブルバーガーとポテトのLサイズを奢ってくれること」


「よし、ゲーセンだな。UFOキャッチャーなんて、簡単だよ。ホイホイ取ってやる。その代わりプリクラ撮ってくれよな」


「プリクラ?えっ?プリクラ?別にいいけど……」


 恵太と一緒に行ったのは、高校時代に美子や恵太とよく行ったゲームセンターだった。


 お気に入りのぬいぐるみを探し、ガラスケースの中を指差す。


「恵太!これがいい。白いうさぎとって」


「白いうさぎ?わかった。一発で取ってやる。任せろ」


 恵太はコインを投入し、アームを動かすが掴むことが出来ない。躍起になって次々とコインを投入するものの、掴むことが出来ても持ち上げようとすると、アームからスルリとぬいぐるみが落下する。


「あーあ……」


「だ、大丈夫、大丈夫。次は必ず取る」


 コインを合計すると千円は使っている。

 これならショップでぬいぐるみが買えた。


 恵太はよほど悔しいのか、さらにコインを投入した。


「あのさ、そのアームよく見ろよ。先の隙間も広くて直角ではなく下を向いてる。取るのは高度なテクニックを要する。あんたには無理だな」


「なんだと!」


 振り向くとそこには……


 見覚えのあるチャラ男が立っていた。茶髪にピアス。趣味の悪い派手な赤いシャツ。ダボダボの腰パンには、ジャラジャラとチェーンがぶら下がっている。


「あ、あなたはの……!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます