88

 ◇


『二年間も昏睡状態だった彼女が、一人でここまで来れるわけないよ。死んだと思っていたかめなしが戻って、ホッとして庭のベンチで昼寝でもしてたんだろう』


 恵太は私の話を信じてはくれない。


「夢じゃないってば。……ていうか、やっぱり夢なのかな?」


『それに彼女が男だったなんて、信じられないし。優香そっくりだったんだぞ。あんな可愛い……っ、いや、どう見ても、あれは女性だった。それに、種族ってなんだよ。アフリカの原住民じゃないんだからさ』


「わかってるよ」


『矢吹のことが忘れられないのはわかるけど。もう忘れた方がいいって』


「そんなんじゃないってば」


『優香、明日暇か?気晴らしに一緒に原宿に行かないか?』


「えっ?」


『どうせ就活もしてないし、暇なんだろう』


「どうせ私は暇ですよーだ。恵太はどうなのよ」


『俺のことはいいから付き合え。ランチくらい奢るからさ』


「奢ってくれるの?しょうがないな。じゃあ、原宿に付き合ってあげる」


『サンキュー。じゃあ、明日な』


 恵太との電話を切り、ベッドに寝転がる。


 ドアが開き、かめなしさんが入って来た。


『ママが離してくれなくてさ。やっと解放された。優香、待たせたな』


「待ってないし」


『またまた~。照れちゃって。久しぶりに逢ったんだ。再会のキッス……』


 かめなしさんが私に飛び付き、唇を近付ける。鼻先がくっつきそうな至近距離だ。


「うわ、わ、セクハラ禁止!それより、かめなしさんに聞きたいことがあるの」


『俺に?』


「涼風凪さんって知ってる?」


『……し、知るわけないだろう』


 かめなしさんは明らかに動揺している。


 そう言えば……

 凪は、ここに来た理由を『猫に導かれて』と、言った。


 かめなしさんが帰宅した時間と、凪が現れた時間はほぼ同じ時間帯だった。


「……種族って、なに?」


『しゅぞく?なんだそれ?美味うまいのか?』


 そうだよね。

 人間の姿をしていても、かめなしさんは猫なんだから。知能は猫だ。難しいことがわかるはずはない。


『優香……そんなことより、キスしよ』


「きゃあっ……」


 チュッと奪われた唇……。


 トクンと鼓動が飛び跳ねる。


「バカー!もう知らない」


 かめなしさんは猫なのに。

 向きになる私は、おかしいのかな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます