86

 本当は、かめなしさんのことギューッて抱きしめたかったんだよ。


 でも……あまりにも開き直ってるから、素直になれなくて。


「さっさとお風呂に入りなさい」


『えっ……?優香、俺の体洗ってくれるの?マジ?一緒にお風呂に入れるなんて、う……嬉しい。涙出てきたよ。う゛っ……よかったぁ。家出して良かったぁ』


 私がかめなしさんと一緒にお風呂!?

 や、やだ。入れるわけないでしょう。


 汚れたスーツを脱がせるのも嫌だ。

 スーツの下が毛むくじゃらなのか、お尻に尻尾が本当にあるのか、多少気にはなるけど、人間と同じ体の構造だとしたら、乙女にはムリムリ。


 私はかめなしさんを母に託す。


『なんだよ、優香が背中流してくれるんじゃないの?』


「……っ、バカ!」


 母が目をパチクリさせている。


「バカって、なによ?」


「……なんでもない。ママ、ゴシゴシ洗ってピカピカにしてね」


『どこをピカピカにすんだよ?』


 かめなしさんはニヤリと口角を引き上げた。


「……バ、バカ!」


 本当にくだらないんだから。


 浴室からパシャパシャ水音がする。


『くはは、ママくすぐったいよ。そ、そこはダメだってば』


 バ……バカ。

 バカバカバカ……。


 でも……

 生きてて……よかったよ。


 ホッとして気が緩み、瞳が潤む。


「すみません……。あの……」


 美しい声がし、思わず振り返る。


 その姿に驚愕した。


「……あ、あなたは……!?」


「はじめまして。上原優香さんですか?」


 そこにいたのは、私と同じ容姿をした女性だった。


 髪型は違うけど、その顔立ちと体つきはまるで鏡を見ているようで、私は不思議な感覚に動揺している。


 二年間も昏睡状態だった彼女が、一人でここまで来るなんて思えなかったからだ。


 大体、どうして私の家がわかったんだろう。


 様々な疑問が脳内を渦巻く。


「ナギです。タカのことで話があります」


 柔らかな口調。

 でも違和感は拭えない。


 矢吹君のことって……?

 私達が付き合っていたことを知り、わざわざ家に……?


 私は……矢吹君の浮気相手……。


「……お体……大丈夫ですか?よかったら、私の部屋で話しませんか?」


「いえ、ここで……」


 恋人の浮気を知り、怒りからここに押し掛けて来たと思っていた彼女が、にっこり微笑んだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます