83

「似てるのよ。毛の色とか、大きさとか……」


 母の目に涙が浮び、ハンドルを握る手が震えている。


「嘘……だよ。やめてよ、ママ泣かないでよ」


「だって……こんなに戻らなかった事、今までなかったでしょう」


 母がポロポロと泣き始めた。


 嘘だよ……。


 かめなしさん……死んじゃったの?


 嘘だ……。


 どうしよう……私のせいだ。

 私がかめなしさんのこと、突き飛ばしたから?


 嫌だよ……


 かめなしさんが、死ぬなんて嫌だよ……。


 涙がポロポロ溢れ、母と車の中でわんわん泣いた。


 ――私の心の中に大きな空洞が出来た。


 矢吹君に失恋し、ぽっかり空いた穴が、

 かめなしさんがいなくなって、もっともっと巨大な穴になった。


 穴の中を冷たい風がビュンビュン吹き抜け、体が凍り付きそうだった。


「優香……もう、諦めよう」


 自宅に帰ると、母がそう言ったんだ。


 短い言葉だったけど、それはかめなしさんの死を意味していた。


 私は庭の隅に母と一緒にお墓を作った。

 遺骨の入ってない空っぽのお墓……。


 お墓の中に、かめなしさんの古い首輪を入れた。かめなしさんの好きな餌もたくさん入れた。


 手で土を被せ……

 母と泣きながら、手を合わせた。


 かめなしさん……


 ごめんね。


 ごめんね……。


 ◇


「優香、かめなしは幸せだったよ。優香に拾われて幸せだったはず。だから、もう泣くな」


 かめなしさんが事故に遭ったと知り、恵太が家に来てくれた。


 庭の隅に作ったお墓。盛り上がった土を見て、恵太は呆然とした。


「……本当に死んでしまったんだな。さよならも言わずにいなくなるなんて……。お前は大馬鹿野郎だ」


 恵太の瞳が潤んでいる。


「……恵太」


「アイツは俺を嫌っていたみたいだけど、俺は好きだったよ」


「……恵太」


 恵太は私の肩をグイッと引き寄せ、頭をポンポンと叩いた。


「優香、泣いていいよ。ていうか、俺もう泣いちゃってるし」


「……ふえっ」


 いつまで経っても、私は強い大人になれない。


「……ふえっ、ふえっ」


 寂しい心の中に……

 恵太の優しさが浸透していく。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます