82

 かめなしさんは、それから二日たっても家に帰って来なかった。


「優香どうしよう。事故に遭ったのかな。それとも……猫は死期を悟ったら、家では死なないって言うでしょう。ま、まさか……」


「やだ。あんなにピンピンしていたのに、死ぬなんてありえないよ。それにまだ二十三歳だし」


「二十三歳?かめちゃんは二歳だよ」


「に、人間の年齢に換算したらだよ」


「そっか。でも年齢なんて関係ないよ。もしも、事故に遭ってひき逃げされたとしたら……」


「ママ……やだ……。変な事、言わないで」


 そういえば、矢吹君に振られた日、かめなしさんの腕の中で眠ってしまい、目覚めた時にかめなしさんと頬が密着していて、思わず突き飛ばしてしまったんだ。


 ――『……そんなに、俺がキライ?』


 確か、かめなしさんはそんな事を……

 呟いたような……?


「まさか?家出?」


「優香、家出って何よ?」


「いや……そんな、気がしただけ」


「ママね。かめなしさんのビラを作ったの。あとで、町内に貼紙してくるわ」


「……うん、そうだね。私も、美子や恵太に聞いてみるよ」


 夜になり、美子と恵太にLINEした。

 母の貼ったビラを見て、二人ともかめなしさんが行方不明だということは知っていた。


【優香、まだかめちゃん戻らないの?】


【うん……】


【なんかさ。アイツがいないと寂しいな。明日駅の周辺を捜してみるよ。かめなし、雌猫追っかけて、迷子になってるかもだし】


【かめちゃん、何処に行っちゃったのかな?私も明日周辺捜してみるね。】


 美子と恵太からLINEが次々と送られ、私も落ち着かなかった。


 ――翌朝、母の車に乗り込みかめなしさんを捜す。母は顔面蒼白でハンドルを握っていた。


「優香……。今朝貼紙しながら、ご近所にかめちゃんのことを聞いたの。そしたら……」


「どうしたの?」


「三日前にね。そこの角を曲がった車道で、猫が車に引かれて死んでたって……」


「えっ……うそ……」


 全身から、血の気が引くのがわかる。


 そんなこと……嘘で……しょう?

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます