80

「そうだ。優香が触れたら彼女が目覚めた」


「そうか……」


 矢吹は感情を露わにすることもなく口元を緩ませた。


「どうして俺が先に殴ったことを、警察にも優香にも言わなかったんだよ。どうして自分だけ加害者ぶるんだよ」


「中原のパンチは殴ったとは言わないんだよ。あれは猫パンチだな」


「は?ね、猫パンチ!?お前、バカにしてんのか!」


「中原、そう熱くなるな。俺はもうお前とは戦わない。お前の将来に傷を付けたくないんだ」


「……俺の将来?矢吹、お前、わざと俺を殴ったのか。看護師が警察に通報すると思ったから、わざと俺を殴ったのか……」


「さあ、どうかな。でも、中原が上原と凪を逢わせてくれたから、凪が目覚めることが出来た。ありがとう、礼を言うよ」


 一体、なんのことだよ?


「俺は礼を言われることなんかしてない。矢吹……お前これからどうするつもりなんだよ」


「俺か?凪と一緒に日本を離れる」


「……日本を離れる?」


「ロスに戻らなければならなくなった。それだけだ。上原のことを傷付けたことは謝る。中原の方が、俺の何倍も上原のことを想っているはずだ。悔しかったら、お前が上原を幸せにしろよ。そんなこともできないのか」


「矢吹……」


「俺、もう行くな。凪が待ってるから」


 矢吹は俺に背を向けた。


 これは矢吹の本心なんかじゃない。


 矢吹は優香のことが、好きなんだ。


 彼女とのことも、きっと何か事情があるはず……。


 エレベーターの扉がスーッと閉まる。

 矢吹は扉が閉まる直前、優しい笑みを浮かべた。


 ――俺……


 とんでもない事をしてしまったのでは、ないだろうか……。


 どうしたらいいんだよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます