78

 ◇


「これでわかっただろう」


 車を走らせながら、恵太が話しかける。


「彼女が意識を取り戻すなんて、驚いたけど。これでもう矢吹が優香に近付くことはないだろう」


 恵太の言葉が、傷付いた心にズキズキと突き刺さる。


「……恵太、本当に矢吹君が一方的に殴ったの?」


「……えっ」


「矢吹君がそう言ったから。恵太に彼女のことを知られて殴ったって……」


「……そうだよ。アイツは卑劣な男だ。もう拘わるな」


 矢吹君が無抵抗な恵太を殴った。

 そんな酷いことをする人だとは、思わなかった。


 矢吹君の優しい笑顔も……

 甘い言葉も……


 初めてのキスも……


 全部、全部、嘘だったんだ……。


「……恵太、私……バカだね」


 助手席で、ボロボロ泣いた。

 自分の愚かさに、涙が溢れて止まらなかった。


 ――帰宅すると、かめなしさんが玄関の前に座っていた。


「優香、また電話する。じゃあな」


「……恵太、送ってくれてありがとう」


 恵太の車を見送り、玄関のドアを開けそのまま二階に駆け上がる。


『優香、待てよ。どうしたんだよ?』


 部屋に飛び込みベッドに伏せて、わんわん泣いた。大好きだった矢吹君に、フラれたんだ。私は恋人の身代わりだった……。


『優香、恵太と喧嘩したのか?それとも……アイツか!?』


「かめなしさん……。矢吹君に恋人がいたんだよ……。二年間も昏睡状態だった彼女が、目を覚ましたの……」


『アイツ、二股していたのか!えっ?昏睡状態だった……!?』


「事故で、二年間も……昏睡状態だったらしいの……」


『二年間……。その彼女、優香に似てたのか?』


「……うん、髪はショートヘアだったけど、まるで鏡を見ているみたいだった。……かめなしさん?どうしてそれを?」


『……生きていたのか』


「かめなしさん?」


 かめなしさんは唇を噛み締め、体を震わせた。その大きな瞳に涙が光る。


「……かめなしさん、どうしたの?どうして、かめなしさんが泣いてるのよ」


『優香が泣いてるからだよ。俺はいつだって、優香の味方だ……』


 かめなしさんが私を優しく抱き締めた。

 かめなしさんの腕の中は、ふわふわのブランケットみたいに温かい。


 かめなしさんの胸に顔を埋めて泣いた。

 泣いても、泣いても、涙が涸れることはない。


 そのまま、泣き疲れて……いつの間にか眠ってしまった。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます