76

「上原、行こう」


「……うん」


 矢吹君と一緒に警察署を出る。


「どうしてここに?中原から聞いたのか?」


「……恵太のお母さんが、看護師さんから聞いたの。恵太は気を失っていたから、矢吹君が警察に連行されたことは知らなかったみたい」


「そっか。中原が電話してくれたんだ。中原に借りが出来たな」


「……どうして、喧嘩したの。恵太、怪我をしたんだよ!怪我をするくらい殴るなんて、矢吹君酷い……」


 思わず口から飛び出した言葉に、矢吹君は少し寂しそうな顔で私を見つめた。


 でも、すぐに冷たい口調になり、私を睨みつけた。


「俺は今まで上原を騙していたんだ」


「……私を……騙していた?」


「恋人が恵法大学附属病院に入院している」


「……恋人?」


「二年前、俺達が乗っていた車が高速道路でスリップ事故を起こし、車が横転し彼女は昏睡状態に陥った。二年前からずっと眠ったままだ」


「……ずっと……昏睡状態」


「中原は偶然病院で俺を見掛け、そのことに気付いた。上原はなぎにそっくりなんだよ。上原と一緒にいると、凪が意識を取り戻したのではないかと、錯覚を起こすほどだった」


「矢吹君……なに言ってるの」


「俺は上原が好きだったわけじゃない。上原が凪に似ていたから付き合ったんだ」


「……やぶきくん」


「中原はそれを知り、俺を罵倒した。だから、俺は中原を殴った。上原に知られたくなかったからな。でも、もう終わりだよ。もう上原とは逢わない。じゃあな」


「……嘘だよね。矢吹君……全部嘘だよね。私のこと、好きだって……」


「俺が好きなのは、凪だけだ。上原は……凪の身代わりだった。これでわかっただろう。中原のところに戻るんだ」


 矢吹君が言ってることがわからない。

 思考回路が混乱して、パニックになっている。


 言葉を発しようとすると……

 涙が溢れ嗚咽が漏れた。


 矢吹君はタクシーを止め、私をタクシーの中に押し込み運転手にお金を渡した。


「彼女を恵法大学附属病院まで送って下さい。お釣りはいりません」


「はい。ありがとうございます」


 運転手は上機嫌で一万円をポケットに突っ込んだ。


 タクシーのドアが閉まる。


 私は茫然自失となり、顔を上げることが出来なかった……。







  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます