71

「……中原?」


「……っ」


 俺はキャップを目深に被り、その場を逃げ去る。エレベーターのボタンをピコピコ押すが、エレベーターはなかなか上がって来ない。


「中原だろ。どうしてここに?」


「……風邪を拗らせたんだよ。そしたら矢吹を見つけて……」


「そっか。今から診察なのか。あとで話がしたい」


「……話?何の話だよ」


なぎに逢ったんだろう」


「……」


 エレベーターの扉が開き、俺は乗り込む。見てはいけないものを見てしまった気がして、矢吹と視線を合わせることが出来ない。


「正午に病院の屋上で待ってる」


 腕時計の針は十時半を回っている。


「検査すっから、正午には行けねーよ」


「来るまで待ってるから」


「待っててもムダだ」


 エレベーターの扉が閉まった。

 俺は二階のボタンを押し、内科外来の受け付けに行く。待合室にはたくさんの患者がいて、あとどれくらい時間が掛かるのかわからない。


 ――凪……。


 美しい横顔……。


 体格も華奢だった。


 やはり女性なのか……。


 何か深い理由わけがありそうだが、俺は彼女が優香と同じ顔をしていることに、苛立ちを隠せない。


 矢吹には入院中の彼女がいる。

 それなのに、優香に……。


 重篤な彼女にそっくりな優香。

 優香は……彼女の身代わり……。


「中原さん、採血のあと、レントゲン撮影に行って下さい。採血は二階にありますが、レントゲン室は三階になります」


「……はい」


 看護師に言われるまま、コホコホと咳をしながら採血に向かう。


 屋上になんて行くもんかと思っていたが、優香の気持ちをもてあそぶ矢吹が許せなかった。


 ――全ての検査を終え、診察を受ける。

レントゲンの結果は異常なし。血液検査の結果は、白血球の数が若干多いものの、肺炎ではなく、急性気管支炎との診断だった。


 院内の薬局で薬を待つこと四十分。

 時計の針に視線を向ける。すでに一時半を回っている。


 矢吹はもう屋上にはいないだろう。


 そう思いつつも、俺の足は自然とエレベーターに向かっていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます