69

 ――午後三時。カラオケでストレス発散し、美子と一緒に帰宅すると、玄関先にかめなしさんが座っていた。私のことがよほど心配だったようだ。


『美子ちゃーんっ!逢いたかったよ。暫くこないから、寂しかったんだからな。もうすぐ社会人になっちゃうなんて、銀行員の制服も見てみたい。萌え~だよ』


 かめなしさんが美子の足元にスリスリと体を擦り付ける。


 何が『萌え~』だ。マジで変態にしか見えないから。


「久しぶりだね、かめちゃん。うふっ可愛いっ。チューしちゃおうかな。ファーストキス、かめちゃんにあげちゃう」


 うわ、マジで?


 美子がかめなしさんの頭を撫でる。かめなしさんは、目を細め喉を鳴らしている。


『最高!超気持ちいいっ!チューしていいよ。濃厚なやつ、宜しく。久しぶりの再会だから、燃えちゃうよな』


「ふん、炎上しろ。そのだらしない顔、まるで中年のエロ親父だね」


『ひ、ひでーな。俺は優香とタメなんだからな。エロ親父はないだろ。美子から、チューしたいって言ったんだよ。俺はそれを受け止めただけ』


 かめなしさんが私を睨む。


「美子はチューなんてしませんから」


『ちぇっ、だったら優香、チューしようぜ。矢吹とキスしたなら、俺がその唇を消毒してやる』


「うわ、うわ、消毒じゃなくて。菌をばらまく気でしょう」


「菌?優香誰に言ってるの?」


 美子は不思議そうに首を傾げ、かめなしさんにチューってキスをした。かめなしさんと美子のラブシーンを目の当たりにし、何故か面白くない。


「じゃあね。かめちゃん、またね」


『おう、美子またいつでも来いよ』


 何が、『おう』だ。

 キザに振るまっても、美子には『にゃー』にしか聞こえないし、姿だって猫にしか見えないんだからね。


「……ほんと、呆れる。美子、入社式頑張ってね」


「ありがとう。優香、バイバイ」


 入社式か……いいな。

 美子が遠い存在になった気がする。


『浮かない顔だな。妬いてるのか?美子とのキスは挨拶だよ。優香とのキスは恋人のキス』


「ばーか」


 そんなんじゃないよ。

 でも、今日だけは優しくナデナデしてあげる。


 だって美子とこうしてまた話せるようになったのは、かめなしさんのお蔭だから。


 それは、素直に感謝してる。


 でも『ありがとう』なんて、口が裂けても言わないけどね。


 美子の後ろ姿を見送りながら、五軒先の恵太が気に掛かる。恵太はどうしてるのかな。


 あれから、LINEも電話もない。

 そう言えば、歩道を歩く姿も車で外出する姿も見掛けない。


 恵太と……

 ずっと……友達でいたいのに。


 恵太は……

 私にとって大切な……親友だから。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます