68

「私もだよ。ずっと、美子と仲直りしたかった」


「私達、就職してもずっと友達だよね。恵太の事はもういいんだ。恵太は私にとって、大切な友達だもん……。一生、親友だから」


「美子……」


『恵太は友達だ』と言い切り、気丈に笑う美子に、胸が締め付けられた。本当はまだ恵太のことが好きだってこと、鈍感な私にもわかってる。


「美子、せっかくカラオケに来たんだから歌おうよ!いつものやつ、派手に歌っちゃおう!」


「うん……そうだね」


 私達はいつものナンバーを選曲し、次々と入力する。マイクを握り、踊りながら歌いまくった。


 テンポのいいロックや、人気アイドルグループの曲。切ない曲は美子と二人で、泣きながら歌った。


 恵太の話は、それ以上話せなかった。

 美子を傷付けたくなかったから。


 恵太と私の間に恋愛感情がないことを伝え、矢吹君と付き合っていることを正直に話した。


「キャンプの時……本当にキスしたの?」


「……うん」


「え――!?あれ、本当だったんだ」


 美子が奇声を上げた。

 涙がぶっ飛ぶくらい驚いている。


「ファーストキスって……どんな感じだった?」


「……ドキドキしていたから、よく覚えてないけど、幸せだった……」


「優香に先を越されるとは思わなかったな。優香は矢吹君のことが本当に好きなんだね。恵太も失恋したんだ……。私ね、優香が恵太のことを好きなら、それでもいいと思ってた。大好きな恵太と大好きな優香が付き合うなら、友達だもの、一番の応援団にならないとって……」


 美子……

 そこまで思ってくれてたんだね。


「……私も恵太のことは好きだけど、それは友達としての好きで、矢吹君とは……違うんだ」


「……そうだね。ごめん、変なヤキモチ妬いて……」


「私こそ、優柔不断で……ごめん」


 美子と仲直り出来た。

 その勇気をくれたのは、飼い猫のかめなしさんだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます