67

 ―三月三十一日―


 三月も今日で終わる。

 美子はもうすぐ入社式。すぐに研修が始まり、私と逢うこともないだろう。


 このままなんて、嫌だ……。


 美子との蟠りを解消するなら、今日しかない。


 勇気を出して、美子に電話をした。

 何度もコールするものの、美子は電話には出てくれない。


 LINEも既読にならないんだから、電話に出るはずないんだ。


 諦め掛けた時……


『……はい』


 懐かしい美子の声が鼓膜に響いた。


「美子……。私、優香。元気?」


『優香……』


「美子、逢えないかな」


『……』


「私は、美子とこのままなんて嫌だよ」


『わかった……』


 美子はおばさんと新宿で買い物をしていたため、私達は渋谷のカラオケ店『pK』で、待ち合わせをした。


 カラオケ店なら、家で話すよりも話やすいと思ったから。


 かめなしさんが、心配そうに私を見つめる。


『優香、大丈夫だよ。素直に気持ちを伝えれば、きっと仲直り出来る。幼稚園の時からの親友なんだろう。わかってくれるさ』


「うん……。自分の気持ちを正直に話して見るよ」


 飼い猫に、励まされた。

 でも、不思議と気持ちが落ち着いた。


 美子に会うのはキャンプ以来だ。まだ数日しか経っていないのに、もう何ヵ月も、何年も逢ってない気がして。


 緊張がハンパない。


 面と向かったら、何から……話せばいいんだろう。


 『pK』に先に着いた私は個室で待つ。


 個室の壁の掛け時計の長針が動く度に、鼓動は速まり手に汗を握る。


 少し遅れたけど、約束通り美子が来てくれた。美子はバツが悪そうに俯いたままだ。


「……美子。来てくれてありがとう。久しぶりだね」


「そう……だね」


「少し痩せたんじゃない?」


「うん……元気だよ」


 暫く沈黙が続く。

 会話が上手く続かない。


 少しして、美子が重い口を開いた。


「ごめん、優香。私……どうかしてた。私……ずっと謝りたかったんだ」


 美子は一気に喋ると泣き出した。


「美子……」


「だって……優香は、何も悪くないもんね。私、本当にバカだね」


「ううん、私こそ本当にごめん……」


「私ね。ずっと仲直りしたかったんだけど、自分から言い出せなくて……。LINEも読むことが出来なかったの。ごめんなさい」


 美子は泣きながら、私に詫びた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます